吉田誠治🎨 @ysd@pawoo.net

Pinned Toot

コミティア127新刊「ものがたりの家」は、物語の舞台になりそうな個性的な「家」のイラスト&設定集です。本文サンプルや委託など詳細はこちら→ pixiv.net/fanbox/creator/40737

Pinned Toot

【冬コミ】新刊「吉田誠治WORKS 2016-2017」は、2016年~2017年の出版系お仕事絵と同人誌向けイラストのまとめ本です。表紙イラストのメイキングやお絵かきTIPSも収録。他の本文サンプルや委託など詳細はこちら→ pixiv.net/fanbox/creator/40737

Pinned Toot

【委託】コミティア126新刊「SKETCH #05」通販はこちらからお願いします。ページ数は相変わらずですが、かなり気合を入れて描き込んだので見応えあると思う……。今回も表紙絵のメイキングを収録&PSDダウンロードができます。
メロン melonbooks.co.jp/detail/detail
とら ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item
まんだらけ order.mandarake.co.jp/order/de
アリス alice-books.com/item/show/4874

Pinned Toot

ケッカソースはイタリアンの定番なので覚えておくと便利。焼いたパンに乗せて食べるブルスケッタは名前知らなくても食べたことはあるのでは。他にもサラダに乗せたり魚料理や肉料理に添えたりパスタにかけてもいい。これの冷製パスタはぜひ食べてほしい。

夕食は焼き塩鯖のケッカソース(生トマトとバジルとニンニクを刻んで塩胡椒オリーブオイルで和えたソース、簡単で美味い)にしました。サバの油とトマトの相性が最高。相変わらず写真は無い。

実父は田舎育ちで幼少時にガスも水道も電気もない暮らしをしていたので(燃料は自分で切り出した薪のみ、水はすぐ横の川で汲んでいた)、こういう生活力だけは勉強になる。

20年以上前に建った某別宅のウッドデッキは父親が毎年丁寧にペンキ塗り直してるお陰で未だに健在だけど、同時期に建った周辺の家のデッキは軒並み穴が空いているので、メンテナンスは大事ということを痛感している。

自宅のデッキにペンキ塗ったりしてたので仕事は進んでないです

オイスターソースを綺麗に使い切りたかったら、最後に醤油ちょっと足して振るといいよ(だいたい一緒に使うし)、というライフハック。

キャンプで焼肉のタレ買い忘れたときニンニク生姜玉ねぎ醤油オイスターソースで適当に作ったら美味しく出来たので最近はずっと自作してる。

美味しい焼肉のタレ好みあるけど、なんでも生姜とニンニクと玉ねぎのすりおろしと甘いの好きならお砂糖(これはすこし)を これでもか!ってドーピングして漬け込むと美味しくいけるのをマッマに教わった

味覇はチューブの買ってきて炒めてる最中に1~2cmぐらい垂らして混ぜればいいですよ。缶のヤツは高いし、まず使い切る前に冷蔵庫の中でカラッカラになる。

豚肉と野菜を炒めてチューブの創味シャンタンちょっと足すだけで中華料理屋の味になるからお手軽でオススメ。

最初にニンニク生姜のみじん切り入れておいて、野菜の汁がでたところで「とろみちゃん」を軽くふりかけてとろみをつけると完璧。

お茹で → お湯で

味覇とか創味シャンタンとかはまあ中華ダシですね。鶏ガラスープ+αみたいな味。お茹でといて醤油足すだけでチャーハンに添えてあるスープの味になる。

お昼は春菊と椎茸のオイルパスタにしたんだけどシンプル&ヘルシーなのに美味しすぎた。

ニンニクと唐辛子をオリーブオイルで軽く熱して、椎茸とパスタの茹で汁入れて軽くフライパン揺すって、茹で上がったパスタからめて火を止めてから春菊とからめるだけ。超簡単。これからお昼の定番にしたい。

JR国立駅前は他にも個性的な喫茶店が豊富なのよね。オネエっぽい名物マスターがやってる「珈琲屋大澤」とか、狭くて可愛いお店だけど自家焙煎で味に自信アリの「珈琲書簡集 」とか、喫茶店じゃないけど注文受けてから豆を焙煎する「国立コーヒーロースター」とか。

ロージナ茶房の家具や構造がまた好きなんだけど(戦前から蓄積され掲示され続ける様々な写真とポスター、ディスプレイを兼ねている食器入れ、増築して変なところにある2Fトイレ、何故か地下にある厨房などなど)、これ描くとしたら許可取らんといけんヤツじゃな。

いまどき駅前でこの商売が成り立つのは、店主=地主だから。こういう喫茶店は大事にしたい。

JR国立駅前の「ロージナ茶房」
すぐ座れてコーヒー1杯で何時間居座っても大丈夫、水もすぐ替えてくれる、という由緒正しい喫茶店。何よりお店の雰囲気が最高。すぐ横に一橋大学があったり、作家が多く住んでる土地柄もあって、いつ行ってもゲラ校正の作家と編集者っぽい人を見かける。ここで勉強会を開いているグループも多く、ここを打ち合わせ場所に指定すると喜ぶ編集もいる。名物「ザイカレー」はトマトが強い独特の辛さでオススメ。

同じ沿線に住んでる作家さん達の間で打ち合わせに適したお店リストを共有したい。

まあうちの娘(9歳)はYouTuber見るのは好きだけど自分でやるつもりは全然ないようだけど。