@si__geru
例えば、漫画雑誌の連載メンバーや、編集者、編集長はしばしば変わるものだが、きちんと「しくみ化」できていれば、雑誌が廃刊になることや出版社が潰れることはないのだ。

雇用側は労働者に労働力以上のものを求めるべきではないし、労働者は雇用側に賃金以上のものを求めるべきではない。ということだ。そう割り切ったほうが楽だし、もし「それ以上のもの」を受け取れたとするのなら、それがその人の天職ってやつだと思うよ(*´ω`*)

@si__geru
私人としての人間は替えはきかない
ビジネスパーツとしての人間は替えがきくし、そうでなければならない。
チームからひとりが抜けただけで成り立たなくなるビジネスは、ビジネスとしては3流。
1流の会社(老舗)は、会社の長が何度も変わっても存続してるだろう?
それこそ何百年も。

トップが変わっても問題ないのだから、下っ端などいくら抜けてもすぐ補充するので問題はない、というのが正しい会社のありかただ。
そうでなければ「しくみ化」がきちんと出来てない。

お仕事に特別な意味を見出すのもいいけど、賃金以上に働くのも、賃金以下に働くのも不義理と言えるのよね。
能力に見合った職場や賃金を上司や雇用者に求めるか、職場を変えるのがいいだろう。
所詮は自分も、企業も『替えのきくコマ』でしかない。ならどっち側もより良いビジネスパートナーを選ぶのがいいのよ。

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。