Pinned toot

Pawooにはオリジナル版(1280×1024、60fps)を上げときますね。

なお、うごイラ版は1200×960、24fps…

Pinned toot

E-WS素材館 e-ws.booth.pm/

開店告知動画がしばらく出来そうにないので、仮オープンしとこ…

素材専門のBOOTHになります。
既存の配布物を寄せ集めただけなので、新たに商品とかは用意していません。全品無料です。

Pinned toot

息抜きに琴葉姉妹の公式素材を加工してえもふってみた。

超簡易テンプレ使用(旧バージョンのテンプレ参照)。
パーツ分けは以下の5個のみ使用。

目通常
目閉じ
クチ
クチ開き
全身

目と口のパターンは全部揃っていたので、絵は一個も描がずに済んだ。
琴葉姉妹のボイロは持ってないので、声を当てられないのが残念… pawoo.net/media/Z5cv7LVO6YeWa-

Pinned toot

落描きをえもふりに加工していく工程を晒していくよ。
不定期更新の予定。続きは「別カラムで詳細を表示」で確認してね。

画面左の原画を、とりあえず以下の様にざっくりパーツ分けしてみた。

頭部系
・輪郭
・横髪L、R(ツインテ部分)

表情系
・頬1、2(テンプレの絵を使用)
・鼻一式(3つとも同じ絵)
・クチ一式(クチ通常開き以外はテンプレの絵を使用)

身体系
・胴体
・スカート下
・下半身
・腕L、R

画面右がえもふりにインポートして軽く調整してみたもの。
テンプレはベーシックテンプレート微斜めタイプを使用。

絵は適当だし、目と眉も輪郭に描き込んだままで動かない状態。
いつも最初はこんな感じから始めて、徐々に作り込んでいくのがウチのやり方。

一個前のトゥートの動画を全身書き出したものがコレ。

膝下が無いモデルだと足下の位置がイメージしづらく、下手に身体を左右に振ると、ふわふわしたモーションになってしまいがちだが、全身モデルなら接地状態が一目瞭然。

使う範囲はバストアップの場合でも、全身モデルにするメリットはあると思うぞ。

えもふりえす子続き。

今回の全身モデル(画面右)と前回の膝下無しモデル(画面左)を比較。なるべく同条件で書き出してみた。

右側のモデルは、身体の左右の振れ幅が大きくなっているだろう。

これは接地している軸足を基点に左右の位置を割り出しているので、文字通り地に足のついた動きになっている…はず。

【絵師JK化】E-WS子 | E-Ken pixiv.net/artworks/26047557

えもふり化する前の元絵がこれ。

えす子をえもふり化してみたら… | E-Ken pixiv.net/artworks/44532308

2014年当時の初期モデルがこれ。
これに修正を重ねた結果が現在のモデル。

いつぞy(略)えもふりえす子に脚を付け足して全身モデルにしてみた。

元の絵は全身描いてあったのだが、初期(2014年)のえもふりテンプレが膝から下が無いタイプだったため、テンプレに倣って膝から下を省略してえもふり化してしまったのが、そもそもの原因であった。
(未熟だった当時は、えもふりで全身モデルは作れないと思っていたのだ…)

脚が付くまで6年以上かかるとは…(笑)

うちのこえもふりを作るのに忙しくて、二次創作キャラのえもふりファイルは、未だ旧世代のmmo形式のものが多数…

動画で使う用途でもないと、中々改修する気にならないのよね…

えもふりつづみん後ろ姿モデルを改修してみた。

脚が大きく開くようにしてみたが、何かエロい(笑)。



えもふり反復横跳び | E-Ken pixiv.net/artworks/71818365
コレで使用したモデルです。

同じくのランちゃんの走りモーション用調整データを、以前制作した体操着ちびにコピペしてみた(無調整)。

パーツのズレを調整してやれば、頭身違うモデルでも全然いけるな。

先日のランちゃんを元に、走りモーション改の娘もちょこっと改修してみた。パンt(略)

画面左が改修版。身体左右の振り幅が増えて、より走ってる感が増した…気がする。

えもふりランちゃん by -Ken gifmagazine.net/post_images/46

ジフマガには普通ソックス版を投稿しました。

もはや自分が本当に上げたいものは、pixivでは物足りなくなってきている…

うごイラ形式は150フレーム縛りがきついし、gif形式では画質が許せない。

Pawooに投稿するのが最適なんだよなぁ…

Pawooにはオリジナル版(1280×1024、60fps)を上げときますね。

なお、うごイラ版は1200×960、24fps…

えもふりランちゃん | E-Ken pixiv.net/artworks/85827435

完成品をpixivに投稿しました。

前回のランちゃんの清書がほぼ終了したので、旧走りモーション(画面左)と比較してみた。

旧はver.3.8使用。腕と脚共に2種の絵を使用。

新は腕の絵は3種に増やして派手な動作にしている一方、脚の絵は1種でVRパラメータを駆使して変形で再現。

PSDをニーソバージョンに置き換えて出力してみた。

当初、追加パーツで着せ替えできるようにするつもりだったが、横着してPSD差し替えで切り替えできるようにしたった。

取り込み枠は共通なので、PSDをインポートし直すだけ。調整不要。こりゃ楽ちん(笑)。

改めて比較すると、身体を左右に振れるようになった効果はでかいな。

前回のランちゃん続き。
以前うpしたもの(画面左)と比較。パンツ注意。
あまり変わらないようで、実はかなり変更してたり…

・まつ毛、目の上の線を追加パーツ化
・スカート→スカート下に変更、胴体の下側をスカートパーツに分離
・膝パーツ追加
・Vネック部分を胴体差分パーツに分離し、胸の動きに追従させる
・胸側面の線を追加パーツ化し、途中で消えるように変更
・描きかけ部分を一部清書

いつぞやの(以下略)。

前回のうちのこランちゃん(旧走りモーションの娘)をちょこっと改修。パンツ注意。

歩行モーションver.3.9版と同様、床の横線の動きを身体向き左右→VR上下パラーメータに移動し、身体が左右に振れるようになったので、走りモーションに全自動test2を掛け合わせて出力してみた。

GIFMAGAZINEも来る度にUIに手直し入っているけど、洗練されてきている感じがする。

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。