ひさびさにくっそ楽しいモデリングだった

去年見た夢 

海沿いの塔に祖父と二人で住んでいた。祖父とはとても仲良しで、他愛もない話をしては笑いあうのが常だった。

塔の真下には「嘆きの入り江」という小さな入り江があった。その呼び名の由来については、祖父に聞いても答えてくれなかった。

ある日、学校から帰ると、祖父が昔話を始めた。掴みどころのない話だったが、思わず聞き入ってしまい、気がつくと自分は塔の最上階にいて、ベランダに続く窓からは夕陽が射し込んでいた。

夕陽の眩しさに目を凝らしながら外を見ると、ベランダの目の前に「嘆きの入り江」が、斜めに迫って見えた。

祖父はそのままベランダからゆっくりと入り江に降り立った。そして、振り返った祖父の姿は、20歳ぐらいの青年に変わっていた。

入り江にいた何人かの人達も集まってきて、皆が僕に向かって「こっちへおいで」と手を降っている。

怖くなって祖父に「ここは?」と聞いたら、祖父は「ここは『人間の皿』だよ」とだけ答えた。

そこで目が覚めた。

pawoo.net/media/qyfiS95w-tJg1q

ぱうー久々に浮上なりぃ・・・

姿勢悪い状態で絵描いてたら肩ばっきばき

言うほどアオリ構図の絵上げてなかったこっち

だって可愛いお顔で見下されたいじゃん・・・

アオリばっか描いてるのは別に私がドMということとは無関係なんだよ!

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!