配色パターン分析bot @ColorFlowerdev@pawoo.net

Pinned toot

写真やイラストの研究分析のための配色分析アプリケーションです。
お手軽に配色を分析することができます!
Webアプリ版 >> color-flower.com

写真やイラストの配色分析のためのウェブツールです。
お手軽に配色を分析することができます!
Webアプリ版 >> color-flower.com

=伊藤若冲 (1716-1800)=
日本の画家。画風は徹底的な観察に裏付けされた細密描写と独特の構図が特徴。そのオリジナリティと高い技巧のある作品は現代においても根強い人気を誇る。
color-flower.com

=Gustav Klimt (1862-1918)=
オーストリアの画家。女性や死をテーマとした作品を多く残す。いわゆる「黄金の時代」の作品群では金箔を用いることで印象的で華やかな雰囲気を醸し出している。
color-flower.com

=ギュスターブ・クールベ (1819-1877)=
フランスの画家。写実主義のパイオニア。ロマン主義全盛の時代に逆行し労働者や農民をモチーフにした写実的な作品を多く残した。世間では彼の作風はなかなか認められなかったが当時では珍しい個展を開くなど努力を続け評価を獲得していった 。
color-flower.com

【スプリットコンプリメンタリー】
類似調和と対比調和を組み合わせた配色法。類似調和の画面に対して補色のアクセントを加えることで意外性と安定感を両立することができます。
color-flower.com

=Toulouse Lautrec (1864-1901)=
フランスの画家。娼婦や踊り子を主題とした作品を多く残す一方でポスターの装画も発表している。代表作は「ムーラン・ルージュ」ポスターを芸術の域にまで高めた功績でも美術史上で重要な画家の一人である。
color-flower.com

=Paul Klee (1879-1940)=
スイスの画家、美術理論家。表現主義やキュビズムといった前衛芸術運動の様々なスタイルから影響を受けた独自の画風が特徴。音楽や文学にも精通しており、それらから得られるインスピレーションが作品に反映されている。
color-flower.com

=Vincent van Gogh (1853-1890)=
オランダのポスト印象派の画家。感情的で大胆な色使いを特徴とする同派を代表する画家。早くから色彩理論を自分の作品に取り入れており、補色関係を象徴的な表現として作品を多数発表している。
color-flower.com

=William Turner (1775-1851)=
イギリスのロマン主義の画家。初期は写実的な風景において卓越した才能を発揮する。44歳でのイタリア旅行を転機に大気と光の印象を追求するような曖昧な画風に傾倒していく。
color-flower.com

=伊藤若冲 (1716-1800)=
日本の画家。画風は徹底的な観察に裏付けされた細密描写と独特の構図が特徴。そのオリジナリティと高い技巧のある作品は現代においても根強い人気を誇る。
color-flower.com

=Gustav Klimt (1862-1918)=
オーストリアの画家。女性や死をテーマとした作品を多く残す。いわゆる「黄金の時代」の作品群では金箔を用いることで印象的で華やかな雰囲気を醸し出している。
color-flower.com

=横山大観 (1868-1958)=
日本の画家。近代日本画の巨匠である。朦朧体と呼ばれる線描を抑え色彩やグラデーションを積極的に用いた画風を確立した。モチーフとして富士山を扱った絵を数多く残した。
color-flower.com

=黒田清輝 (1866-1924)=
日本の画家、政治家。日本に本格的な西洋画の表現を広めた人物としても知られ東京美術学校(現東京芸大)でも教鞭を執った。「湖畔」に代表されるような柔らかな外光表現を用いた作品を残している。
color-flower.com

=吉田博 (1876-1950)=
日本の洋画家、版画家。洋画の技法を取り入れた版画を数多く発表。細密な線やグラデーションを表現するために摺数も多く多いものは90回以上の重ね摺りで表現されている。
color-flower.com

=Jules Chéret (1836-1932)=
フランスの画家、イラストレーター。陽気な配色と洗練された構図で多くのポスター装画を手がけた。また美しい動きとフォルムの女性像は後代の多くの画家に影響を与えた。
color-flower.com

=ギュスターブ・クールベ (1819-1877)=
フランスの画家。写実主義のパイオニア。ロマン主義全盛の時代に逆行し労働者や農民をモチーフにした写実的な作品を多く残した。世間では彼の作風はなかなか認められなかったが当時では珍しい個展を開くなど努力を続け評価を獲得していった 。
color-flower.com

=Vincent van Gogh (1853-1890)=
オランダのポスト印象派の画家。感情的で大胆な色使いを特徴とする同派を代表する画家。早くから色彩理論を自分の作品に取り入れており、補色関係を象徴的な表現として作品を多数発表している。
color-flower.com

【対比調和】
高彩度の補色同士を並べることでお互いの色の鮮やかさを引き立て合うことができます。
※補色=色相環の対角にある色同士の関係のこと
color-flower.com

=ギュスターブ・クールベ (1819-1877)=
フランスの画家。写実主義のパイオニア。ロマン主義全盛の時代に逆行し労働者や農民をモチーフにした写実的な作品を多く残した。世間では彼の作風はなかなか認められなかったが当時では珍しい個展を開くなど努力を続け評価を獲得していった 。
color-flower.com

=吉田博 (1876-1950)=
日本の洋画家、版画家。洋画の技法を取り入れた版画を数多く発表。細密な線やグラデーションを表現するために摺数も多く多いものは90回以上の重ね摺りで表現されている。
color-flower.com