さいきんジャンルとして移動してるんだけどめっちゃ腐だからフォローいってもいいのかっていう

ぶっちゃんがOLをしってるかわからないけど…いつかぶっちゃんのかっこいい絵柄で、mkhrかいてほしい…

問題がおきすぎてあまりさにわアカウントに浮上できてないんだけど…アカウントけそうかなって

イラスト置き場みたいになってる

たまにかわいい絵柄だと信じ込んでるおらは、ひょっとしてねんちゃんかけるのではっておもうけど、そんなことはないともう(冷静

相互だったらみんなおんなじぐらいでs閲してくれせっしてくれる人がすき…
どんなにいい作品かいてるひとを贔屓してるのはちょっと…わからなくもないけどひいてしまう…だからあからさまはやめていただきたい

よくひっついてるのは宗三さん…

Show thread

pawoo.net/media/P27kvMCRrqtsnA
かわいいかわいいひさびさにかいた男審神者なんだけど、まったく審神者じゃない…

ちょっとだけ
ちょろっとそのうちアカウント移動しますっていうフォロワーさんに突撃したりするんだけど、この人はフォロバされて、わたしはされてないって現実をまのあたりにすると、新しくなったら繋がる気はないんだとおもってしまう。
最初こっちが好きと構ってもあっちから反応ないとしょんぼりで、なにもしなくなっていって、最終的にはっていうかんじ…。
最初からこのひとがすきすぎてっていう態度をあからさまにだすひとは苦手かもしれない。

「どんな夢をみていたんですかな?」
 近侍じゃないこの、一期一振。最近やたらと目覚ましと、話相手と、仕事の手伝いをかってくれている。
 もしや。
「もしやお前、われのお兄ちゃんになってくれるんじゃな!?」
「おっと! そうでますか!?」
「……というか、なんでうなされてると知って」
 もしや。もしや、夢のなかまでみれる超能力者か!?
 あんなに目覚めのいい朝を演出したのに。悟られないように振る舞ったのに。
「主は最近同じ夢を見てるようですから」
 大きくて、男特有のかくばったスラッと長い指と平べったい手のひらに撫でられ、するりと滑っても滑ってもすぐにおわらない温かさが心地いい。
「ここは一つ、私に教えていただけませんかな?」
「……なに、を」
「もちろん夢の内容を、です」
「左様か……」
「左様です」
「い、いや~左様じゃないな~」
「左様です」
「右様じゃ~」
「左様です」
「埒があかないな~」
「内容をいってくだされば、すぐに埒はあきますよ」
「左様か……」
「左様です」

Show thread

今日も今日とて、近侍はいない。
 新しく刀剣男士になった子以外は、結構あつまったと胸をはれるぐらいなのだが、肝心の近侍が決まらなくて早……うーん。覚えてられんわい!
 というか、まわりが近侍と恋仲になりすぎて、特定をつくってしまうと、どうしても恋仲になってしまうような気が! どうなってなったのかきいたことないけど! どうしても逃れならない気が! まさしく貞操危機じゃ!!
「うなされてましたが、どうかなさいましたか?」
「おはようじゃ」
 ぱちっと目覚めがよい朝。のぞきこんでくる一期一振がいる。相変わらずおいしそうな頭と、面倒見のよいお兄ちゃんの雰囲気をだしている。われにもこんなお兄ちゃんがいれば、いれば……う。

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!