新刊になるはずだったナニかを供養することで心を慰める。

さよなら。