見た限りでは、新規に感染した人に対する保健所や病院のヒアリングで「感染が疑われる期間中にGoToトラベルやGoToイートを利用したかどうか」まで確認するようにはなってないみたいだ。だからそもそも根拠に出来るほどのデータがないので「エビデンスはない」という表現になっているのだと想像してる。

「GoToトラベルが感染を広げたというエビデンスがない」というのは、「データを取っているけど因果関係は確認できない」ではなく、「そもそもデータを取っていないから分からない」という意味ではないかと思う。

高齢者・持病のある人のGoTo除外は新型コロナの感染対策として妥当なのか t.co/a716bOD33B
素人ながらこれは指摘の通りなんだろうなと思う。一方で全体の対策としてワクチン摂取を高齢者ではなく若者にするのが効果的だと思うけど、社会的な合意が論理的ではなく感情的に難しいだろうと思う。

前もRTしたし何度もRTしているけど、目にするたびRTしてしまう。

ちなみに原作も途中までしか読んでないから、全部確認したわけではない。

原作読むまで知らなかったんですが、悲鳴嶼行冥の服が南無阿弥「陀」仏ではなく南無阿弥「佗」仏となってるのはアニメの設定なんですね。陀ではなく佗を用いたのは、キャラをよく表してて上手いなぁと思う。ちなみに実際にも「南無阿弥佗仏」の表記は名号碑や写本で、たまにあるそうです。 t.co/2qavuTCKSU

「裏切られた顔」
The look of betrayal
t.co/2teZXRlT3i
自分を差し置いて子ネコと遊ぶニンゲンに裏切られた顔、からの激しい嫉妬の顔。 t.co/O4bsJh5fG5

「ドラゴンボートの綱引き」
Playing tug of war in a Polish dragon boat
t.co/ED454YTueD
シンプルだけど迫力があって盛り上がりそう。これはポーランドで行われたものみたい。かなり過酷な競技だなこれ。 t.co/oUfAAkndMA

たぶん「公正な社会のために自分は役に立っている」という実感があるのだと思う。それが「こんなはずじゃなかった」という満たされない自分の存在論的不満を解消してくれる。

ネット炎上に加担する人はある種の正義感でやっている、というのは有名な話だと思う。調査によると、そうした人の多くは、男性・高収入・主任係長以上でかつ「こんなはずじゃなかった」という社会的な不満を抱えている傾向がある。こうした自身の存在論的不満を正義感の発露で解消しているのだと思う。

あとどっかで10代の6割とかがSNSアカウントを複数持ってるって読んだな…

と思ったけど、そう言えば近所の高校生は友達とインスタで繋がってるって言ってたな…憧れの先輩からフォローしてもらったってキャッキャしてた…

t.co/8SsFHcJNd4
インスタとTwitterが多かったそうだ。リアルでの繋がりをネットにまで求めてないってことなのかな。

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。