E7c8bb62e2725a5e

ユウギオウハック @yugioh_hack@pawoo.net

mstdon 今の流れからいくと個人や小さな団体のインスタンスを大企業が買い取って集約するという本末転倒どころか、原発作ってたら核弾頭になっちゃったレベルの話になりそう

企業アカウントで一番来るべきなのは象印なのでは

Ingress】ポータルやポケストップになりやすいもの・だめなもの
yugioh-hack.com/portalrecon-ap

自分のメールアドレス持つようにMastodonのサーバーあげるみたいなこと気軽に書いてるところあるけど、ぶっちゃけ今の実装はやりたいことに対してあまりにも要求リソースが多すぎで現実的じゃ無いよね(人的にもコンピュートリソース的にも)

ローカルTLも連合TLもなく、でもOStatus喋ってくれるクライアント兼サーバーを手元でダブルクリックひとつで立ち上げられるような実装がでてこないと厳しいと思う。

Mastodon横断検索がお亡くなりになったのでMastodon運用のノウハウとかが貯まっていく様子が見られなくてつらい。

そうだ! じゃあTwit.........

でも今のMastodonってローカルや連合TLがどばーっと流れて行く風景を楽しむ人が多くて、果たして1人1インスタンスみたいな使い方が本当にウケるのだろうかという疑問。

いろんな人をリモートフォローしていってはじめて自分のTLが出来上がっていくんだよね。

あれ、それツイッt

mstdonがGNU Socialの互換だという話をしていて、最近似た感じのものを見かけたけどなんだっけと思ったらポケモンGOだった
ポケモンGOの紹介時にIngressの話がチラッと出た時のモヤモヤ感と一緒だ

マストドンは、インスタンスなどマストドン特有の概念をいかに多くの人が理解できるかってところに今後の未来がかかってると思う。
現状はやはりまだハードルが高い。

だって今や常識レベルになったツイッターのリプライ、RT、DMだってサービス黎明期にはみんな混乱してたしね。

【まとめ】マストドン初心者はこれを読もう!Ver3

■Twitterとの違い
・140文字→500文字
・ツイート→トゥート(以下投稿)
・リツイート→ブースト
・いいね→お気に入り
・タイムラインは3つ
 1.ホーム→フォローした人
 2.ローカル→参加しているインスタンス(以下鯖)全員
 3.連合→他の鯖を含め全員※
・コメント付きブースト不可
・投稿の検索は不可
・アカウント(以下垢)の削除不可、垢名変更不可
※鯖が国交断絶されると相手鯖に表示されない

■QA
Q.鯖ごとに登録が必要?
A.鯖を超えて垢検索やフォローできるので必須でない。信頼できる鯖で登録を。
Q.DMはないの?
A.ある。投稿ウィンドウ下の地球儀→封筒「ダイレクト」を選択すると@にDM可

■TIPS
・Ctrl+Enter/⌘+Enterで投稿可
・名前の横の✅は公式垢の証ではないので注意
・ブースト、お気に入りは反応が悪いが解除可
・スマホアプリは既に存在してる
・閲覧注意な投稿はCWでテキストを、NSFWで画像を折りたためる

【他にも追加した方がいいものがあればリプください!】

自分もさっさとミニインスタンス作ってじっくりモードで眺めたい

たぶんmstdnはSNS界におけるIngress的な立場になりそうだ

```
かつて「Windowsアプリをダウンロードして起動するだけでサーバになって中央集権でない分散掲示板ができる」ってのを実現させ普及させた天才エンジニアが日本には居たんだよなぁ、と思い出して悲しくなった。
```

mstdnの問題点で大きいのは、ユーザーに高いレベルの知識が必要になるってことですね

中央集権型ならば「サービスにとりあえず文句言えばいい」だけだったのに、インスタンスの概念を理解して文句言える人ってどれだけいるんだろう

もちろん僕はよくわかっていません)^_^

SNSを使い分けている人って多いですけど、今後はmstdonのように「インスタンスを分けることで住み分けをする」って概念が定着するといいですね

なんでpixivインスタンスでこんなことを言っているかというと、単純に虹絵にさほど興味がないだけ。

pixivが1つのインスタンスしか運営していけないことはないので、複数作って分散してしまえばいいと思うんだ。分散しても結局集約されるのは変わらないんだし

ただ「ここはこういうインスタンスだからこの話題を話そう」って括りはいらないな。
どっちかというとレンタルサーバーみたいなもんでしょ、インスタンスって。アダルトokなサーバーが他から隔離されただけって話程度。

インスタンス毎に主体性持って運営されるのは良いことなんだ。だんだんわかってきたぞ。