99ac667a59567c4f

柞刈湯葉 @yubais@pawoo.net

少なくとも自分のような芸風はネット時代じゃないと無理……といいたいけど筒井康隆がすでにやってる気もしてきたが、筒井康隆ほど量を書かなくてもいいのはやはりネット時代だからか

出版不況で作家にはつらい時代かもしれんが、業界全体の規模よりも作品と時代の相性のほうがはるかに重要だと思うんだよな。たとえば同性愛ネタを一般紙で(肯定的に)扱えるようになったのは最近だろうし

「デカい賞をとるのはもう少し後がいい」と思ってるけど人前では言いづらい

漫画の宣伝をするなら打ち切りどうこうの前にまず「どんな漫画か」を書いてくれよ……

自殺幇助が違法でもなんかパチンコの三店方式みたいな感じでごまかせるのではないだろうか

「食えない作家がこんなにいる」というのは出版業界の問題ではなく「人間が飯を食うために職業が必要である」という点が問題なのでそこを間違えないでほしい

「いまこういう仕事をしていてここで困ってます〜」みたいな事を書きたいのだが仕事内容のほうがまだ書けないストレス

統一はたしかに便利だがそれにともなうリスクもよく考えるべきです。通貨をユーロに統一したらギリシア経済というリスクを抱え込むことになる

生物多様性をつくるために必要なのは競争ではなく隔離なんですよ。詳しい事は川上和人の「そもそも島に進化あり」を読みたまえ

植物育てる時だってとりあえずプランター使うだろ。いきなり荒野に全植物のタネを撒いて「生き残ったやつが強い!」とかやらないだろ

漫画アプリが多すぎるからって出版社横断の漫画アプリを作ると、

1.トップページにどの社の作品を出すかで揉める
2.読者投票によるランキング制にする
3.上位がみんな同じ系統の作品ばかりになる

という未来が見えるのでやめたほうがいいと思う(それが実際に起きたのがライトノベル業界におけるなろう系ファンタジー)

「やりたい事があるのに社会的・経済的・政治的事情でできない」という人が地球上にいっぱいいる事を考えると、やる気・時間・能力くらいしか限定要因のない自分は相当に恵まれていると言えるだろう

やる気が失われて2000年が過ぎた

「日曜なのに仕事をしている」と苦言を呈しそうになったが平日必ず仕事しているわけでもないからな

沖縄本島はレンタルバイクで2日で回るとごくちょうどいいサイズでした

あと北海道の離島(領土問題がない側)も行きたいけどまず北海道本島がぜんぜん行き着くせてないからな……