柞刈湯葉 @yubais@pawoo.net

漫画、そろそろ横書きにしたほうがいいのではないかな

がんにならない断捨離生活(1) 肉体を捨てよう!

肉体は発がんの原因で満ちています。まずDNA。これが変異することでがんになります。次に細胞。これが異常増殖するのががんです。

「相対論的走れメロス」

故郷の村を出発し光速の65%まで加速したメロスは「このペースならなんとか3日でシラクスの街に到達しそうだ」と思うが、光速に近い物体には時間の遅れが発生し、メロスの主観時間3日ではシラクスでは既に4日経っているであろう、という事を途中の山賊に教えられる。愕然とするメロス。しかしいざシラクスに着くと、セリヌンティウスの弟子フィロストラトスが粋なはからいでシラクスに強大な重力場をを発生させ、街全体の時間を遅らせていたため間に合ってセーフ。抱き合うメロスとセリヌンティウス。しかし巨大すぎる二人の質量のためにブラックホールが発生し王もろとも飲み込んでしまう。

「相対論効果が無視できない速度で走れメロス」

ツルハシの音を出しながら仮想通貨を掘る動画広告

あっというまに体重計の数値が激減!宇宙に行くだけダイエット

音の出る動画広告がOKで Coinhive がダメな理由は「こっそりやってるから」という点しか思いつかないので、「仮想通貨掘ってます」というバナーを貼ればOKなのでは

「バカな!ワシの無敵の要塞を守るバリアが消滅しただと!?」
「見たか、これがみんなの願い、バリアフリー住居だ!」

「話作りが上手い」「絵が上手い」とは別に「漫画が上手い」というのがありますよね。

物理の本が「摩擦がないと仮定した場合……」というときは本気で摩擦がないと思っているわけではないのだが、未来予想の本が「このまま2100年が来たら……」というときに本気で「このまま」2100年が来ると思っているのかは少し気になるな。

「摩擦がないと仮定した場合……」のほうが例として適切であるな

フランシス・フクヤマはどのくらい本気で「歴史の終わり」が来たと思ってたのだろうか

物理学者が「牛を球と仮定すると〜」と言うときに本当に牛が球体だと思っているわけではないが、未来予想をする人が「この少子化のまま2100年を迎えた場合〜」と言ってるときに本当に2100年がこのまま来ると思っているのかは少々気になる

マルサスの「人口論」が英国の産業革命を予想していない事を誰が責められよう

人口動態などをベースとした真面目な未来予測は革命がおきないことを前提としているが、革命が起きないという前提には少々無理があると思っている

「感情があることが人間らしさだ」
「たとえ事実でも言っていい事と悪い事があるぞ」

手塚治虫のエピソードはどこまで史実でどこまで神話なのかいまいち区別がつかないが、とりあえず神話を事実を受け止めるとして、

あの人はたとえ100歳まで生きていても、最近の売れてる漫画を見て「こんな漫画はくだらん」と言わずに「僕だって描ける」と言って描いてくれそうなところが良い

手塚治虫が最近のアニメを見ながら「○○君、僕だって女子高生が集まって部活をやる漫画とか描けるんですよ」とか言いながら描きそうな漫画

「映像研には手を出すな!」は「手塚治虫が生きてたらこういう事やりそう」な斬新な漫画表現が続出しているのでぜひ読んでほしい。こないだ3集が発売されたらしいが電子版遅れが発生していて誠に遺憾