「モンスターハンター」の感想。モンハン歴は10数時間(3DS版3G)しかないけど、そんな私からみても、コレ「モンスターハンター」というよりむしろ怪獣映画ですわ、という迫力のモンスターバトルアクションとしての見どころの多さに対して、モンハン映画として面白かったかと聞かれると難しい。私には、上手くゲーム版の良さを映像に落とし込んでいると思うが……。日本のポップカルチャーでは近年お馴染みの現代人の異世界転移。ライフルやハンドガンなど現代兵器で武装しているミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアルテミスの部隊だが、「モンスターハンター」世界のモンスターには、ほとんど攻撃が効かない(与えるダメージが低い)。この世界のモンスターと戦うためには、そのモンスターの身体を素材とした武器で戦うのが1番なのである。そのことをハンターとの出会いで知る。序盤は、モンスターサバイバル映画のような展開。そこからこの世界の生き方と戦い方をハンターと共に身につけてからは、俄然「モンスターハンター」感が増してくる。

Follow

お馴染みの「モンハン」武器で戦わせる過程として正しいが、さすがに手榴弾やロケット砲でもある程度ダメージを与えられるようで……。モンスターの中でもディアボロスやリオレウスより脅威を感じるのがネルスキュラ。あんな「スターシップ・トゥルーパーズ」のバグ並に群れをなすキモいモンスターになっていようとは……。

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!