トレンドで思い出してログインしてみる。
放置しすぎた。

しばらく入ってなかったら、ログアウトしてたわ。保守保守。

ぱうーて、一定期間入ってないと、過去の呟き消えちゃうのね???
というか、見られなくなるのね??
(´⊙ω⊙`)ヒェー。

ここから下は、グレイテスト・ショーマンのネタバレがありますー。
兎虎変換妄想も含む非常に偏った感想ですので、全て許せる方どうぞ。
許せる方のみ!!!
よろしく!!!

グレイテスト・ショーマンのネタバレ含むよ!④ 

フィリップとアンちゃんがどうなったかは、ぜひ劇場で。
多分、兎虎スキーの方なら「この結ばれ方予習したやつや〜〜〜尊み〜〜〜;;」ってなるんじゃないかしら。

本編感想に戻るね。

本編では、「ユニーク」な人たちがたくさん出てくるんだけど、その人たちの細かい設定が知りたかったなーー。
何人かは設定がわかりやすかったけど、あんまりにも大勢いるので、目が追いつかなかった。
あの双子は結合双生児だったのかしら…??
あと、めっちゃ綺麗な黒人女性がいたんだけど、あの人はどんな設定だったのかな。全身金の衣装を身につけてて、あまりにも美しくて心の中でネイサンと呼んでいたの……。
あと、顔に(だけじゃなく、全身?)に痣のあるイケメンも気になったー!

今回は前の方の席で見てしまったので、次に見るときは後ろの席で見たいな…。
でないと、ほんと、目が足りない。
ショーのシーンは、全体を見渡せる席で見るべき。
ものすごく華やかでスカッとするショーなの。
途中、バーナムの劇場が火事で焼け落ちるんだけど、それからどうなるのかは、皆さんで確認してくだしあ。

グレイテスト・ショーマンのネタバレ含むよ!③ 

繰り広げられる空中と地上での追いかけっこ……!!!

あれ。

何か既視感。

私、こういうの、見たことある。

どこだっけ。

………あ。

そうだわ。

兎虎の薄い本で、予習したことあったわ。

あー。
あるあるあるある。
見たことあるーー!!!

身分違い(とか色々)を理由に、バニーちゃんからワイヤーで逃げる虎徹さんねーーーあるあるあるーー予習したことあるーーーーー。

ここに気づいた時点でもう、私の脳内、フィリップ×アンで兎虎妄想待ったなしですよ。
心はもう、バーナムほったらかしですよ。
ごめん。
不純な目で見てごめん。
でもフィリップ×アン萌えた。
フィリップを愛しながらも拒絶するアンの姿に何度「わかりみ〜〜〜〜〜〜;;;」となったか。
こちとらバニーちゃんを愛しつつも「俺と一緒になっちゃダメだ…」って拒絶する虎徹さんの本を7年間買い続けたお腐れやぞ。もうすっかりアンちゃん推し。

まーそのあとフィリップはアンちゃんを火事から救おうと火の中に飛び込んでくヒーローぶりも見せるので、なかなかフィリップも良き男。

グレイテスト・ショーマンのネタバレ含むよ!② 

とはいえ、バーナムとフィリップで腐妄想は出来ぬ。
何故なら、フィリップは空中ブランコの娘アンに恋をしてしまうからね!!!
時代はまだ貧富や人種差別の残る時代の話なので、アンは側から見たらメイドのような身分。かたやフィリップはお貴族様。
出たよ出たよ。
身分違いの恋!!!
大好物だね!!!!!!!
フィリップは最初は人目を気にして繋いだ手を離したりしちゃうの。
でもやっぱりアンが恋しくて、人目なんか関係あるかって、デートに行こうとしたりするの。
そこでねーーやっぱりねーー余計なこという奴がいるのよーーー。
アンのことを侮る発言をする相手が居るのよーーーー。
アン、傷付いて逃げるのよーー!!
で、舞台で練習を始めようとしてたアンに、フィリップが駆け寄るのね。
あんな奴らカンケーねーよって。
でも、アンは拒否るの。
身分が違うから。
そっからミュージカル調になるんだけど、アンは空中ブランコの娘なので、空中ブランコの綱で求愛するフィリップからするりするりと逃げるわけです。
追いかけるフィリップ!!!
空中ブランコの縄を駆使して空中に逃げるアン!!!

グレイテスト・ショーマンのネタバレ含むよ!① 

グレイテスト・ショーマン見て来たんです。
最近、映画欲に目覚めてしまって、ホイホイ見に行ってしまう。
バーフバリも語りたいけどそれは他の人が語ってるからいいや。
グレイテスト・ショーマン、ハピエンスキーには気持ちいい作品でした。
男が成功を求めて、成功して、失敗して、でも立ち上がるというストーリー(ざっくり過ぎる説明)なんだけど、主人公バーナムが、めっちゃ愛妻家で良かった。
私、成功した男によくある「奥さんを裏切る」描写無理無理マンなんだけど、バーナムは裏切らなかったのが良かった。(匂わせる空気はあるけど)あと、子供が可愛い。めっちゃ可愛い。
奥さんも可愛かった。子供ときゃっきゃしてるの可愛い。
あと、バーナムがプロデューサーのフィリップを説得するシーンが凄く魅力的だった。
男同士の歌と酒とダンスと駆け引き!
カウンターにグラスをシャーってやるのかっこいい。ごめん語彙力ないのでグラスをシャーっとしか説明できない。伝われ。ミュージカル調なので見てて全然飽きないよ!
バーナム奔放な虎徹さん、フィリップお堅い考えのバニーちゃんで変換したら楽しいぜ!

んんんWiFiだと読み込んでくれないー。゚(゚´ω`゚)゚。

画面が真っ暗なんだけどなんだこれ

『DESTINY 鎌倉ものがたり』を見にいったですよ。 

てっきり、異世界に行った夫婦が大冒険! なストーリーだと思ってたら、全然違くて、初っ端から3分の2くらい、仲良し夫婦のイチャイチャをひたすら見せつけられる映画でござったよ。
鎌倉は不思議な街だから、魔物とか幽霊とかそこら中にいるんだよーな世界観の中でひたすらイチャイチャしてた。
幽霊のおばあちゃんもかわいいし、死神さんもいい人だし貧乏神さんも好き。
ムロツヨシさんもいいひと。
てゆか、悪い人が一人もいない映画であった。
勿論悪役はいるので、なんだかんだで二人は黄泉の国でドタバタするんだけど、旦那さんがものっすごいサラッと奥さんを助けにきたのはちょっと笑ったww
バトルシーンはなかなかに好きである。武器の出し方が好み。
伏線の回収も良かった。
「こうなるだろうなー」て予想を、パッカーン!と裏切ってくれた(*⁰▿⁰*)
「ここであの伏線回収かー!」て思った。
泣き所では泣かせてもらった。゚(゚´ω`゚)゚。
ラストは「あの家族はどうなったんだ?」と思わないでもなかったけど、概ねイチャイチャしておった。
癒しの映画でした。(*˘ω˘*)

オリエント急行を見に行ってきたですよ。
私、原作知らなくて、何の予備知識も無しに見たんですよ。
いや、しかし、これ、予備知識なしに行った方がいいのよね。
推理サスペンスだからね。
いくら原作が1934年に刊行されてて、アガサ・クリスティ好きな人にとってはネタバレも何もないだろって作品なんですが、私、何にも知らないで見られたので幸運だわ。
推理小説自体読まないので、いつもならば決して見ないであろう洋画なんですけどね。
見に行きましたよね。
何故なら、全ては平田さんの声が聞きたいが為に。
だから知らなかったんですわ。

ジョニデが(平田さん)が悪役だって!!!!


私、てっきりジョニデが主人公だと思ってたのでね!!
びっくりしたよね!!
ジョニデが前半であんなことになるとは!!!!!!!!wwwwww


まあ、主人公は草刈雅夫様だったのでそれはそれで耳の正月で良かったです。
しかも、ブーク役が中村ゆーきゃんだったので、とても良かったよ。とても!!
やっぱりゆーきゃんの声好きだー。(しかし今回吹き替えやってるってしらなかった)

もちろん平田さんの声もよかったですよ!!

KUBOネタバレ注意3 

タイトルに「二本の弦」て書いてあったから、てっきり主人公が持ってたのは二胡だと思ってたんだけど、(よく見てなかった)ちゃんと三味線だった。
で、なんで二本なのかってのと、残りの一本は?ってとこも後々伏線になるんだけど、それがわかった瞬間に、

あーーーーーーーーー;;;;;;;

って。
最近涙腺ガバガバで困る。

もっと語りたいんだけど、この辺にしとこうかな。

個人的に気になったのは、竹取物語とか、桃太郎とか、そっちの物語の要素も入ってたのかなーって。
あと、龍と獅子舞が混ざったような出し物にちょとふふってなった。
龍に手足がないのは面白いね。

今度は吹き替え見に行こう。

多分、でずにーのモアナで泣けた人は、KUBOも泣けると思う。

KUBOネタバレ注意2 

猿は知恵の象徴で、クワガタは力の象徴だったのかな?
そして、まあ、ある象徴でもあったんだけど、これは言わんとこ。

それにしても

強え。

めっちゃ

強え。

日本刀ぶん回して敵(くノ一ぽくてかっけえ)と対決するんだけど

とにかく強え。

かっけえ。

かっ け え。

で、クワガタといい雰囲気になったりもするんだけど、これもねーーーーー伏線回収されたよねーーーーーー( ; ; )
あーーーーー猿ーーーーーまじかーーーーー猿ーーーーーー!!!!

ってなりました。

ストーリーはまあ、これくらいにしときますけども、本当に世界が美しかった。
雪も紅葉も。
春夏のイメージなかったけど、そこでやっぱ、外国の人たちが作ったんだなって実感。
だって、日本人なら絶対桜は入れるでしょ。
それがなかったんだから、多分スタッフさんは紅葉の方に心奪われたんだなぁ。

顔が割れた菩薩が出てきたけど、あれ、お母さんのイメージだったんかな。

KUBOネタバレ注意 ( • ̀ω•́ )✧ 

先日からちょいちょいTLで見かけていた「KUBO」が興味あったんで見に行ってきました。
本当は吹きかけ見たかったけど、今回は字幕。
ストップモーションだっていうこと以外何も知らずに見たよ。
もうね。
すごかった!!
あれはみんな見に行って!!!

なんかね、「あ、外国の方が想像する日本だなー」っていうところは多々あったけど、そんなもん、ファンタジーなんだから気にするほうが野暮ってもんでね。

主人公は、不思議な力で折り紙を操る男の子なんだけど、それをフツーに、いや、むしろめっちゃ楽しんでる町の人たちめっちゃ優しい。
男の子が迫害されてなくて、本当、優しい世界。

男の子は街の鐘が鳴ると家に帰るんだけど(この鐘がまた、伏線なんだよ)家には正気ではないお母さんがいて、夜になると正気に戻るのね(それも伏線)
お母さんは「夜は外に出ちゃいけない」っていうんだけど、まあ、出るよね、男の子はね。
それでなんやかんやあって、お母さんは亡くなって、男の子は旅に出ることになるんだけど、お供が、猿とクワガタ。

そういえば、噂のKUBOを見に行ってきたんですよ。

ありゃりゃ。
SS名刺の、公開停止しちゃったのか。
これからもっとつくろーって思ってたけど、うちどめ残念(・ω・)-3

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!