yagitch✅ @yagitch

ねえ、なんでなんで日本人はヤードポンド法を毛嫌いするくせに、大好きなスマホやテレビやタブレットの画面サイズを表すのにヤードポンド法をつかってるの? ねえ。なんで?

· Web · 8 · 25

@yagitch 全部自分の妄想で言いますけど、日本の利用者は感覚的にわかりづらいヤードポンド法を使われるのを嫌がっている一方で、売る側は世界で売りたいのでヤードポンド法で作るんじゃないですか?

@yinglong1234 世界で売れるといってもそれで恩恵あるのは実質英米だけですから、他国はどのようにしているのか気になりますね。

@yagitch 先のレスポンスの後に少しだけ調べたのですが、信頼できないソース(笑)によると、欧州ではインチとセンチを併記するところが多いようです

Qなぜ、テレビは単位が「インチ」なのか?
okwave.jp/qa/q6623765.html

そして日本では1980年代あたりから作られたテレビなどの家電製品は、自動車とともに日米貿易摩擦の火種になるほどアメリカに輸出された歴史があります
そうした背景もあり日本でブラウン管はインチ表示が業界標準になったのではないでしょうか?

そしてテレビの「動画を表示する」能力のあるスマホの画面も、日本ではインチ表示が業界標準になった、という事だと思います。
韓国は日本の技術提供を元に家電業界を発展させてきた背景があるので、韓国もインチ表示が業界標準のようです。

業界標準というのはなかなか厄介で、変更するのは難しいのです。私は建築業界で働いているのですが、未だに尺貫法が使われているのでお客さんに説明しづらいことが多々ありまして、難儀しています。

ということで、これで500文字使い切るテストが出来ました。
ありがとうございました

@yinglong1234 500文字お疲れ様です。理由としてはとても説得力がありますね。

ちなみに日本メーカーは計量法の関係なのか、○○インチとは書かず○○型と表記していますね。ますますややこしい。

@yagitch ちょー疑問ですよねw
以前、面倒過ぎて、ヤードポンドの対応表を作りましたよ

@sidecar 画面の面積対応表なら私も作ったことあります。対角線で計測するから縦横比で面積が変わってくるというイヤらしい仕様なので。

@yagitch
そっちの方が大きく見えるからかと思ったら、インチはセンチの方が値が大きいんですね。
「50インチのテレビ」=「127センチメートルのテレビ」
Baido.comとyahoo.com.twで見てみたら、あっちもインチ表示でした(本土が「寸」で、台湾が「吋」)。
なんででしょうかね??

@CapybaraIII 参考になります。もうそれがスタンダードになっちゃったんですね。。。

@yagitch デファクトスタンダードってやつなんでしょうかね。真珠の「匁」みたいに。

@CapybaraIII そうなんでしょうね。中の人も今更変えようがない的な。