よっこらソックス @xfourtyx@pawoo.net

Pinned Toot

父のような人(SS) | よっこらソックス pixiv.net/novel/show.php?id=10

ヒカリがメビウスにナイトブレスを託しM78へ帰国。療養のため一時入院生活を送ることに。
そんな入院中の彼のもとに訪れた人物とは。
オリキャラ(元ネタは昔の児童誌からですが、性格等々は捏造)が出てきますので苦手な方はご注意を。

Pinned Toot

長男宅で宅飲みをしていたら、見知らぬ女性があらわれた | よっこらソックス pixiv.net/novel/show.php?id=95

内容はタイトルそのまんま。
主な登場人物は、ゾフィーとマンとジャックと見知らぬ女性で、ジャック視点で繰り広げられています。
腐向けではないですが、オリトラさんが出てきますので、苦手な方はご注意を。

(神・ω・) ウルトラマンヒカリは、

(神・∀・) 優しくて

(神・ω・) かわいくて

(神 ˘ ω ˘ ) まるで天使なのじゃが……

(神・ω・) ……なぜか友達がいないんじゃよ

shindanmaker.com/824543

少なくとも友達はメビウスやゾフィーが居るよ…!

相関図クッキー、ヒカリさんは戦士じゃなくて研究者枠なの??
「宇宙警備隊に入らないか?」ってプロポーズ(違)はゾフィー兄さんによる、ヒカリ囲い込み作戦だったのかな…もう二度と失いたくない的な。
とりあえず二次創作によくある設定の「籍は宇宙警備隊だけど、席は科学技術局」説が濃厚か。

ガワの掛け算話はやっぱピクブラにうつしたほうがええんかな

BL相性診断とキス相性診断を参考に、濡れ場を文字にあらわすチャレンジをしているんだけど、全然すすまない……!
はやく合体しろよォ!準備万端なんだろ?って心の中の801ガヤが叫んでる。

2018年05月13日のゾヒカ inkei.net/anus/a/%E3%82%BE%E3%
ゾフィーの子を孕みたいヒカリ。……ちょっとメンタル参ってる?
ヒカリの実家って何だかとても厳格そうだから(個人的なイメージです)、
そもそも宇宙警備隊に入った事も反対していそうだし、ましてやそこの隊長と付き合ってるとバレたら色々言われそうだもんな。

ヒカリ「俺自身の事をアレコレ言われるなら気にしないが、ゾフィーやウルトラ兄弟達のことを悪く言ってくるのは堪える……」
 
これで生まれた子は溺愛ですよ、もちろん。
メビウスとかめっちゃ構ってそう。ゼロも興味津々だろうな。

@xfourtyx ゾフィーが40%…宇宙警備隊の隊長というポジションだし、色々と思い悩む事はあるだろうね。
ヒカリもめちゃくちゃ凄い発明する優秀な人材だけど、その凄すぎる発明が争いの種になってしまう等、何かと薄幸体質だし……。
でも二人揃うと、闇は薄くなる。
長男と末弟、スターマーク受勲者という誇りを胸に、二人は強くなるのだ。










┗❤←ゾフィーとヒカリ

闇濃度【10%】
ほとんど闇のない心

shindanmaker.com/792040

腐ってるから軽率にこういう事やっちゃう pawoo.net/media/oZCGiJGnu3jsWc pawoo.net/media/FyqpV9yyN60ftF pawoo.net/media/35RokUKkhjromk

ふたたびこれを見てる。
ヒカリとゾフィーがベムスターと戦うシーンはホント50000回ぐらい見れる。
ヒカリの戦い方が戦闘慣れしてない、むちゃくちゃな動きなんだけど、ゾフィー兄さんの信頼がすっごく厚くてな……ヒカリの事大好きかよってニヤニヤしてしまう pawoo.net/media/prUBq4PC_tz5If

うわーーーゾニキーーー!!!!
結婚してくれーーーー(ヒカリと)!!!!!
_(;//́Д/̀/」∠)_

「やあ、ヌーク。久しぶり」
「やあ、って何のんきな事言ってんだよ。この方はウルトラマンの命を救ったすごい博士なんだぞ?アァッ、博士、初めまして!私はメビウスと同期の宇宙警備隊員64758です。友人や家族からはヌークって呼ばれています!!」
「初めまして」
のんきなメビウスへの焦りと、ヒカリに対する緊張で、ヌークの顔から汗が噴き出る。
ただならぬ友人の様子に、メビウスも戸惑いを隠せない。
「マン兄さんの命を救ったのって……ゾフィー兄さんでしょ?」
「だーかーら!!ゾフィー隊長がウルトラマンを救うために持っていった命を!固形化させる技術を開発したのがヒカリ博士で!!博士の胸にスターマークが輝いているだろう?」
友人に言われて、ヒカリの胸部をまじまじと見る。
「……え、うそ、え、え……!!」
僕、今までずっとヒカリのこと呼び捨て且つため口で話してたんだけど……!!
顔面蒼白でグローザムに凍結されたときの如くメビウスは硬直した。
「おい、メビウス。俺の体より青くなっていないか?」
「はっ、イヤーーーーーーー!!!」
ヒカリに声をかけられると、メビウスは勢いよく走り去っていった。

ボガールへの復讐のためにハンターナイトツルギという姿でヒカリに出会ったメビウスだけれど、地球での任務が終わって、光の国へ帰還して、改めてヒカリと再会した時、どういう反応したんだろう。

「メビウス、有給休暇は楽しめたか?」
「ヒカリ……!!」
エンペラ星人との決着からメビウスは有給休暇を過ごし、光の国へ帰還したものの、隊長のゾフィーや、恩師であるタロウへの報告や、自分の後輩に当たる宇宙警備隊養成所の学生たちへの特別講義などでバタバタしており、ヒカリとはなかなか逢えずじまいだった。
「ヒカリは今、何をしているの?」
「ゾフィーの特別人事で宇宙警備隊所属にはなったんだが、それがかつて俺が属していた科技局と揉めてしまって……、科技局へ出向扱いということで何とか落ち着いている」
「へぇ、ヒカリは元々科技局に勤めていたんだね!」
「えっ!」
そういえば太陽黒点の異常発生にいち早く気付いたのもヒカリだったなあ。と先日のことを思い返していると、たまたま近くに居た同期の友人が素っ頓狂な声を上げる。

あれ、ヒカメビっぽくなってる? Show more

「いつから一緒に暮らしてるの?」
「アイツが俺に宇宙警備隊へ入らないかと誘ってきた時から話は出来ていた」
「結構前からなんだね……」
さっきからヒカリの言う事に驚くしか出来ないメビウス。
ヒカリをよく知るのは自分だと自負していたが、今目の前に居るヒカリが口にする事は自分の知らないヒカリばかりだ。
「ボガールの件で地球に危害を与えてしまったから、重い咎めを食らうだろうと覚悟していたがそれも無く、
ブルー族である俺を宇宙警備隊へ抜擢し、
更には自宅を無くし、実家との折り合いが悪い俺に対して
一緒に住まないかと言われた時は、正直、ゾフィーに抱かれんじゃあないかと少し思ったがな、ハハハ……」
「え?抱かれるってどういうこと?」
冗談交じりに言ったつもりのヒカリだったが、相手が悪かった。
「まああれだ。トントン拍子で物事がうまく行き過ぎたものだから、後で何か良くないことでもあるんじゃないかと懸念したんだ」
「幸せ過ぎて怖い、みたいな?」
「……そんなところだな」

付き合っていてもなくても、スターマーク組が同居していたらいいのにという妄想。 Show more

あなたを花にするとと性格 Show more

僕のカケラネタバレあり Show more