うっかり足を取られた別沼で書き狂って超くたびれ気味。あと五万字ですこし息がつけるはず。

ちかごろのアンソr原稿に関して改題的なものが必要なんだろうかと思いながらそのままにしているが、大丈夫だったんだろうか…。

ぱうーを新しいスマヒョに入れてないので旧端末からしか入れない…。パスワードわかんないというか調べないとな。

案の定、イベントから連休の疲れがどっと出ている。ここでしんでしまうと本が出ないぞ…とはいえ無理は続かないので、そのあたりの兼ね合いがむずかしい。

ってもまだ作ったのは2冊だけ。一冊目の再録は手元に自分用の一部しか残っていない。紙になった自分の本がほしい!という当初の目的は達成されているので(と脳内検閲をごまかしながら)もうすこし本を作ってみようと思っている。

そのうち、手元に置く一部だけを刷ればよいじゃないですかー(´Д` )と主張する自分との戦いに負けそうな気がする。いや、いつもかなり負けそうなのだが、TLで読みたいと言ってくださる方にはお届けせねばと思って、ついたくさん刷ってしまうのだ…

新刊は大丈夫だったんだろうか…心配している。感想を頂きやすいようにましゅまろなどを設置したほうがいいんだろうが、買って読んでもらえただけでもよしとせねば!とも思うので、なんとなくそのままになっている。ましゅまろ、一度は設定したんだが、多忙で答えられずにいるあいだにタイミングを逃すってやつを数回やって、申し訳なくて削除してしまったのだ…

虎狩に申し込んだので、明日の親戚接待が終わったらまた新たな白い原野にチャレンジする。ネタは前にここで流したケモ耳おじさんファンタジーと決めたのだが、まともに書くと長すぎてひと月では書き上がらない。どうしようか…。

だらだら書くのはスマホでも問題ない。しかしまとめにかかるときはPCの大きめの画面で、視野広くないと辛い。最初から最後までぜんぶスマホで書けるようになったら楽なんだけどなー。

原稿のほうは、ネタの盛り付けが終わりつつある。これから整形に入る。

大きい本屋さんのデザイン他の本棚をさまよっていわゆる「顧客が本当に求めていたもの」がわかったのだが、実現できるのかよくわからない。時間をかければなんとかなるだろうか。(しかしシャチョー!わしらそんな器用なスキルないんですが?とどよめく脳内の実行班)でも、これだよこれなのよーというイメージ(あくまで自分が好きなやつだけど)が湧いただけでもよしとする(´Д` )

woino boosted

19世紀ヴィクトリア朝貴族ネタを書くことになるとは思わなかった。中世と違って知識がまっさらだったので、資料死ぬほど読んだ。楽しかったけどw

気分アゲるために中巻の英国貴族バーナビーさんの話を読み直してみた。隅から隅まで言葉や表現がすべすべするように仕上げてあって(自前のものに限らずどんなものでも読むときは文を「撫でて」いる感覚がある)当時の自分の執念を思い知った。

この素材でこんなふうに作れますよぅというチュートリアル、やー、めっちゃキマるのすごい…。

スパコミ、間に合うのかなwwz

変わった感じのフォント、タイトルなどには使えるけど本文には使わない。各種明朝体だいすき。というか、フォントに合わせて話考えた方がいいのでは。

フォント、アルファベットばっかりでもなあと思って本棚を見ていたら和文フォント集を持ってたのに気づいた。使うあてもなかったのに、こういうのを買ってるって…好きなものを集めずにいられないコレクター気質が反映されている…

新マシン、画面大きい…さて、どうしてくれよう。

欧文活字見本帳という本を見ている。去年くらいから、本屋でときどき感動と恐怖のあいだのぞわっとする感覚を覚えるのは、面陳された全ての本に表紙があるから。丸善でも有隣堂でもとにかくデカい本屋の無数の棚の無数の本すべてに、だれかが作った顔が付いている。中身じゃなく表紙に誘われて買うこともある。デザイナーさんすごいなー。

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。