「同情するなら客にだろうよ。シェフはオレだぞ?」 

 口に入れる寸前のスプーンを止めて抗議。だいたいシェフってなんだ、うちをお前のところと一緒にするな。
 店舗数の増加を目標にしたチェーン店はコスト削減のために仕入れの統一が基本であり、出すメニューも決まっていた。当然、作り方にも仕様書がある。
 まかないも、本来ならば賃金に相当するものであり、いくらか払う必要があると聞かされていた。今の店長はルールを厳守するタイプではないおかげで助かっているが。
「ならばマニュアル作成者に感謝するんだな。ナイフを握ったことのない人間でもまともな料理ができる。すばらしい企業努力じゃないか」
「口の減らねえ」
「褒めてもデザートはないぞ」
「ほめてねーよ」
 それともいらないのか、と伸びてきた手から、ランサーは皿を庇って遠ざけた。トマトの赤いスープに米と野菜が覗くリゾットはまだ半分も減っていない。
 褐色の指が空気を握る。
「……餌付けをしている気分だな」
「おう、ケンカなら買うぞ」
 食い終わったらな。

Show thread

「作ってもらっていながらひどい言い草だな。そちらのシェフに同情するよ」 

 ランサーの右斜め前に立った男が頭を振る。コックコートの下に隠された厚い胸が上下した。でかいため息だ。

Show thread

アーチャー登場 

 まかないは、ある。
「だがまあ、どうせ食べるならうまいほうがいいだろ」
 バイト先のメシがまずいわけではないけれど。
 三倍以上の価格設定をしているレストランは賄い料理も美味い。味が値段に依存する場合は店それぞれだが、少なくとも隣の店は値段以上だと、ランサーの舌は判断した。
 煙草からスプーンに持ち替えた。座る先は変わらず、椅子という名の家具ではなく、ただの段差だ。布越しでもコンクリートの欠けた感触がわかる。
 そこに腰かけて、たった今提供された料理を膝に乗せた。トマトの酸味が香る。

Show thread

イントロ 

 そそり立つビルを見上げて煙を吐く。言うほど階数のないビルだが、溝鼠色に沈んだ段差に座って見上げる空は遠い。鼻腔に絡む生ゴミの臭いも相まって、閉じ込められ自由を奪われた人間にでもなった気にさせられた。
 実際のところ、ランサーはバーの店員であり、仕事は休憩時間を合間に挟める程度の余裕があり、給金は悪くない。辞めようと思えばいつでも辞められる。
 妄想と灰で舌を湿らせる。チリリ、と煙草の先端が赤く燃える。
 吸い終わって腰を上げた。三店舗共用の灰皿は広場の中央に置かれている。灰はコンクリートに落としたものの、吸殻は、バケツに網をかぶせただけのそこに落とした。目の大きな網は被せておく意味があるのかといつも思う。
 鉄が悲鳴を上げた。
 コの字に向き合う扉の一つが開く。
 小洒落たレストランの裏口から、白いコックコートを着た男が現れた。

Show thread

バーのホール担当ランサーと、レストランのキッチン担当アーチャーの話 

 休憩に入るお決まりの文句を口にしながら鉄の扉を押し開ける。滑り出ると同時に手を離すと、自重で勢いよく閉じた。開けっ放しにならないための仕様だが、毎度、指を挟まないよう注意する必要があるトラップだ。
 扉の先は小さな広場になっていた。
 コの字型に建つビルの裏口ばかりを三つ集めた広場は、広場という名をしながらその実、ゴミの集積所兼喫煙スペースであり、空気は澱んでいる。ランサーは休憩に入るとともに持ち出してきた煙草の紙箱を振って、一本くわえて火をつけた。

その2 

 ズボンを足首まで下ろして、靴と一緒に足を抜く。下半身の抜け殻の完成だ。下着はもとより穿いていない。
 ようやくドアが閉じた。ばすん、と重い音が響くと同時に鍵をかける。閉まりきる細い隙間の先に、隣に住む婦人の姿が見えた気がした。先に押しこんだクーの姿が向こうに見えることはないはずだが、気が気ではない。
 透明人間がズボンを下ろしたところ、という芸術作品を見下ろして、エミヤは深い深いため息を吐いた。
「あとから来いよ」
 こちらの心労を他所に、能天気な誘い文句とともにエミヤの頭に布がかかる。
「…………」
 エミヤは無言で、玄関の先、全裸で風呂場に入る男を見送った。木造二階建てのアパートの一室は、トイレと風呂場は別だが脱衣所がない。
 脱ぎたてでまだ温かいシャツを掴み、
「せめてカーテンはつけろと言っただろう!!」
 外の明かりを取りこんで眩しい窓を見て、腹の底から声を出した。西向きの窓にはレースカーテンすらかかっていない。

Show thread

脱衣グセのあるクーちゃんに頭を悩ませるエミヤくんの弓槍 

 鍵を持ったクーが部屋のドアを開けて、中へ。その背に続く。玄関に入ってから後ろ手にドアノブを引いた。閉まるスピードを力づくで早める。
 鉄製のドアは重く、閉まるまでに時間がかかる。アパートのこの部屋だけか、すべての部屋がそうなのかは定かでないものの、蝶番に油を差したほうがいいかもしれないとエミヤは眉間の皺を深くした。
 あまり勢いづいて閉まっては危険だが、今のように、閉まりきるまでに五秒もかかるようでは──
「待てクー、待て、まだ」
 だからまだマテと言っているだろうと声を荒げたところで無駄だ。承知しているが、玄関扉が閉まりきる前に、靴すら脱がずにいきなり目の前でズボンを下ろす男を黙って見過ごすことはできなかった。

弓槍のお題)トイレに籠城する槍と、なんとかトイレから出して座薬を入れたい弓 

腹が痛いと、ぽつりとこぼした。不用意な発言だったと悔いたところで今更だ。
「クー、出てきてくれ」
扉越しに聞こえる請願は静かなものだ。しかし嫌だと答えたところで退くつもりはないらしく、クー、とまた呼びかけられた。指の背でノックする音が二回。
天の岩戸を気どる気は毛頭ないものの、今の状態はそれと変わりない。
「いつまでそうしているつもりだ?」
「……治まるまでに決まってる。テメェこそいつまでそこにいるつもりだ」
「君が出てくるまでだな」
もう観念したらどうだと言う。そりゃこっちのセリフだ。
「誰のせいだと……」
便座に座ったまま呻く。こぶしを握る。ぐるる、とせり上がってくる痛みに口を閉じた。
「私のせいだな」
ひとり言は小さかったがドア越しでも聞こえたらしい。エミヤは己の罪を認めたあと、
「そのままだと冷えて悪化するぞ」
余計な忠告を入れてきた。それはこちらの体調を心配してのこと、だろうが。
「……テメェが裸踊りしたら出てやるよ」
素直に出たらいったい何をされるか知れない。
便座カバーと同じ色をしたスリッパを睨む。

アイコンがツイッター仕様の丸状だから四隅を持て余してる

ははあ、なるほど。CPネタ短文を投稿するのにこれは便利。

弓狂王)テストすけべ 

 今日はこれで終わりにしよう。
 そう告げるなり、腕を掴まれ引き倒された。天井を影が覆う。一瞬までまで己が見下ろしていた相手との位置が入れ替わる。
「ふざけるな」
 覆い被さったバーサーカーが牙を剥いた。
 殺す獲物に向ける眼だ。押さえつけられた両肩が軋む。
「クー」
「寄越せ」
 おまえを寄越せ、と唸る。薄い唇が呼気を吐く。熱の孕んだそれはとろけて、糸を引いた。快楽が尾を引いている。
 アーチャーは己の肩を押さえる両腕にふれて、這わせて、バーサーカーの肩からその両耳へと手のひらを上げた。
 覆った耳朶は熱い。滑らせた頬も。
 自然と口角が上がる。
「君に求められるのは悪くない」

Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!