神隠しの結末

(お、寝たかな?今のうちに夕飯出来るとこまでやらないと)

0歳の娘が寝たので私は夕飯の支度を始めた。
普段和室で布団を並べて寝ているのだが、
眠りが浅いと起きて私の布団に侵入してきたり、オムツの袋で遊んでいたりするので娘が寝たときは家事をこなしつつ時折様子を見に行くようにしていた。

だからこの時もいつも通り様子を見に行ったのだ。
寝てたらと思い、静かに襖を少し開けた…。

そしたらどうだろう。
娘の姿がないのだ!
私は慌てて襖を全開にし、よくいるオムツの袋のところや私の布団に視線を向ける。
しかしいない。

(え!?何?どこいった!?)

私は更に和室へと足を踏み入れた。
そしたら人の声が聞こえたのだ。
人の声の発信源はつけた覚えのないテレビだった。
そして私はテレビから更に視線を滑らせる。

すると……………

なんと娘がうつ伏せでテレビを観ていたのだ!!
しかも回りにはティッシュ箱から引き出されたティッシュの数々……。

私は膝から崩れ落ち絶叫する…。

『何でそうなんのぉおっ!?』

pawoo.net/media/GRmaHGXptvzHP9

今日はもう眠いし、明日は参加出来るか分からないし、二次創作になるからOKなのか分からないから今あげときます(笑) pawoo.net/media/uzc5vew6VioWmw

メディバンの機能把握してなくて縮小とか出来なくて続行したらやべぇ事にww

pawoo.net/media/IwBqjs6tyS3p13

Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!