寂れた校舎の分館、その中で一番寂れた理科準備室。
つい昨日までは僕らすら知らなかった場所だ。
琴音さんと付き合ってもう2ヶ月、今日こそは…!
「涼くん、デートは良いけど、こんなところで…あの…どうしたの…?」
いつもながら琴音さんは本当に綺麗だ。
神様、俺に勇気を下さい!
“ドンッ”
僕は琴音さんの背にある古い薬品棚に両手を突き出す。
「りょ、りょう、くん…?」
「琴音さん、目を閉じて!」
思わず声がうわずる。琴音さんも察したのか、真っ赤に頬を染めて目を閉じる。
本当に綺麗だ…
「き、キス、するね!嫌なら嫌でいいから!」
よくやった俺!もう今日の俺たちは世界の中心だ!
…ジー…
後ろから視線を感じる…?
振り返ると、背の小さいおかっぱ頭の女の子がジト目でこちらを見つめていた。
「あのー、お邪魔しないようにしてたんですけどー、そこの薬品使わないと今日の部活おわんないんで」
「「え“」」
僕と琴音さんは思わずハモってしまった。
「はいごめんなさいね〜、よっこいせ。はい、じゃあ続きどうぞ〜」
これが僕らと不思議な「第2化学部」の部長との出会いだった。


@mastimaw4 うぶい!(*/□\*)
ところで□に×の絵文字?はスペースキーなのでしょうか?私の端末だと文字化けなのかその絵文字になるのですが…

@tomoetaaan ウブなカップル書きたかったのです…!w
文字化けしている箇所ありましたか、どこでしょう…?

Follow

@mastimaw4 焦れったい、ウブと来たのでマスティマさんの激甘読みたいです!
ありすぎてw多分改行かスペース使ったところ全部ですかね?( ;´・ω・`)

· · Web · 0 · 0 · 1

@tomoetaaan 激甘なお話は読むの大好きですがなかなか書けませぬ…orz
ゆっくりと便利しているのが現状です…汗

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!