転音 @tiguri@pawoo.net

ナミコがクラシカルな服に目覚めたきっかけは中学の時に姉から借りた少女漫画を読んで、その秘めやかで不安定な世界観にハマったから……というのが浮かんでいて。
最初はポーの一族とかトーマの心臓あたりを思ってたけど、本棚見てたら観用少女見かけて、あ、たぶんこっちだと思った。

ナミコはそれこそ「わたしが!見たい!服を!描きたい!」をやるためのアバターとして作ったから、ほんとになんの設定も考えてないはずだったけど。
なんだかんだCS絵を描いてたら、なんか色々浮かんできて、なんだかんだ交流企画でもないのに、無駄に細かい設定持ちになってしまっている…。

ナミコにホグロジーかけたらENTPで発明家だった。まぁグリフィンドールだろうなとは思ってたけど。
海人とルビィに引き続き、ここんとこ獅子系続くなぁ。

なんていうか……例えば、「とある毒が効かない」という特徴を持っていても、その理由が「その毒を無毒化する酵素を持っている」というのと「そもそもそれを毒と認識するつくりをしてない」と双方で全然違う、みたいな。
全く異なる背景を持ちつつ、表面上の結果は同じに見える……みたいな感じ。こういうの、すき…。

間の場合は、まっすぐ現実を生きるほど強くなくて、どこか帰る場所があるんじゃないかと異世界というか感傷の世界を望郷するという意味での「異世界に馴染みそう」な感じ。

なんていうか、飛んで火に入る夏の虫フレンズ?、似てるように思ってたけど、本質は全く逆だったのか……と思うと、面白いなぁと思ったりしました。

間は恩田さんに対しては「感傷を持ちつつも、それはそれとして前に進んでいける、現実世界の住人」という認識を持っていて。
阿蘇木さんに対しては「享楽的で概念的な話も通じるし、彼岸の世界にも馴染みそう」という印象を持っているかと思うけども。

阿蘇木さんの異世界にも馴染みそう?な雰囲気は、あくまでその時その場を生きる(楽しむ)という姿勢の強さ故のものだったのだなぁ……と。

ホグロジーhoglogy4.wixsite.com/hoglogy16
その内、それぞれに組分けされた寮の制服着せて、なんちゃってホグワーツ生ごっこさせたい…。

海人はホグロジー、グリフィンドールで闇祓いENTJ だった。

個人的なイメージでは、阿蘇木さんもたぶんグリフィンドール、恩田さんはハッフルパフあたりなんじゃないかと勝手に思ってたりする。
(冒険家と仲裁人あたりじゃないかと……ちがうかな……)

ジェルムと海人は合理的なとこは割と似た者同士な気はしてるけど、決定的に違うと思うのは、ジェルムは「いのちをだいじに」、海人は「ガンガンいこうぜ」を行動方針にしてるところ。
だから、未知のものに対して、ジェルムは他人がどう反応してるか見てから自分も触るか考えるけど、海人はまず手を出して触りに行ってから考える向きが強いように思う。

ホグロジーにおける、レイブンクローとグリフィンドールの違いって「保身を図るか」どうかな気がしてる。
両者とも、基本的には自分の欲求に素直で、そう簡単に自分の主義を曲げたりしないみたいなとこが共通だと思うけど、レイブンクローの方がまだ世間体を大事にしてて、周囲から自分がどう見られるかを結構意識してる気がする。グリフィンドールの方は、自分がどう見られてるかはあんまり気にしなさそうな…?

振り分けられた自キャラ見てると思う。

私自身、数年おきにやってるけど、ずっとレイブンクローだし。んだもんで、レイブンクローっぽいキャラはほんと動かしやすい……。

性格診断系の遊びがたのしくてよくやる。
ハリポタの寮分けのやつも自キャラでひととおりやってみたけど、圧倒的レイブンクローとグリフィンドール率だった。スリザリンはまばらにいたけど、ハッフルパフに至っては、5本の指に収まるくらいしかいなかった。
基本的に自分の主張が強いキャラがすきというか作りがちなんだなぁと。

ルバトは変化だろうなと思って、いくつかある診断サイトの全部でそれだったから、まごうことなき変化系なんだろう。
まぁダントツでFC高かったしな。年齢的には年長組に入るはずなのにねぇ。

そんでもって、ジェルムとシンゴもそういややってなかったなと思ってついでに。
ジェルムは操作、シンゴは変化か放出かなぁと思ってたら全然違った。具現化と強化かー。 pawoo.net/media/_t38Zs5yDe-7WZ pawoo.net/media/KK_l16MMZcGtAw pawoo.net/media/aSxwJtU0ibtsIU pawoo.net/media/9Xa7axZhOQHncO

そんでもって、よく動かすキャラではひととおりやってるのに、海人ではやってなかったなぁ…とついでに思いだして。
なんとなく変化か具現化かなぁ…とぼんやり思ってたけど、診断にかけてみたら特質らしい。言われてみれば、そんな感じもするかもしれない。 pawoo.net/media/-N7c6hcxpV0iI_ pawoo.net/media/vSr-72BZXv9aEB

ベビーハザマの性質を考えた時、ふと某漫画でみかけた「我々がブレーキを踏むところで、躊躇いもなくアクセルを踏む人種」的な台詞を思い出したりして。そう、そんな感じ。

そういえば、海って地域によっては死の世界の扱いだし。逆に太陽は基本的には生の象徴として扱われるものな気もすると思うと、由来としては全然別のとこから名前をつけた割にうまい具合に兄弟で対称になってくれたなって、ちょっとふふふって思う。

あんまり意識してたわけじゃなかったけど、こうやって並べ立ててみると、海人のテーマは生と死を分けるものとは?みたいなとこなんだろうな。それで、それを考えていったけっか、どちらかというと死に興味の焦点を当ててる感じ。

死とその後の変化というと、九相図なんかにも興味を持ってた時期がありそう。その考え方というか概念というか。それを手がかりにして、考えたり論じたりしたいような……。

間は正規軸でも虫にはそれなりに関心あると思うし、特に掃除屋ポジションの虫には強い興味がありそう。あと寄生するやつも……。