#けもふれ SS ② 

「いつも唐突で情熱的なので、びっくりするんっすよ。プレーリーさんが私に会って嬉しいのは分かるっす。俺っちも嬉しいっすけど、毎回激しくされると、あの……」
「じゃあ、どうすればよいでありますか」とプレーリーが言った。反省しながら、なお納得が行かないようである。
「たまには、穏やかな挨拶でもいいと思うっす。俺っち、いつもハイテンションではないから、穏やかな挨拶が気持ちいいときもあるっす」
「穏やかに、でありますか」
「そう、例えば、こんなふうに」と言ってビーバーは身を乗り出す。プレーリーも釣られて体を前に出した。
プレーリーの口にビーバーの口が静かに当たる。ビーバーは目を閉じると、唇を開いたりすぼめたりしてプレーリーの唇を味わった。少し舌を入れてプレーリーの歯や舌の先を舐める。
プレーリーは初めての穏やかな挨拶の中に、繊細な快感があることを知って衝撃を受けていた。未知の肉感に身を任せた。目を閉じて、口内を蠢くビーバーの唇と舌だけにこころを支配される……
お茶を運んできたアルパカは、静かに唇を吸い合う二人に出くわして「あひゃあ」と小さく叫び、顔を赤らめた。

Show thread

#けもふれ SS ① 

ここはジャパリパーク。アルパカの経営するカフェに二人で行くと、「デート」ができるらしいという噂がフレンズの間で広まった。その噂はプレーリードッグとアメリカビーバーの耳にも入る。プレーリーは持ち前の猪突猛進さで一気にビーバーの屋敷に特攻し、ビーバーをカフェまで拉致してきた。二人は向い合って座っている。
「ビーバー殿、ここがカフェでありますよ」
「プレーリーさん、不安っすよお」
「どうしたでありますか」
「俺っち、あの湖畔から離れるのが怖いんすよ」
「問題ないでありますよ。私がビーバー殿のお宅におじゃました時、危なそうなものは無かったであります。ついでに戸締まりもバッチリでありましたよ」
「プレーリーさん入ってくるやいなや、あの挨拶」あの挨拶というところでビーバーは顔を赤らめ俯いた。「……するから、俺っち頭がぽわーっとなってしまって」
「あ、嫌でありますか? 挨拶……」とプレーリーは言って眉を顰めた。「ビーバー殿に会えるとテンションが上がってしまって、つい」
「いや、嫌ではないっすけど」
「然らば、何が問題なのでありますか!」 思わずプレーリーの声が大きくなった。

パークの危機〜ラッキービースト編 | てまり/讒言 pixiv.net/novel/show.php?id=87

久々に。

LTLを適当にながめつつ文字書きやけもフレの絵を探していく

@sac0277 初めまして。文字書きさんを探しているのでフォローさせていただきます。pixivで細々活動してる者です、よろしくお願いします。

京都府の大学生まだ夏休みなので関係ナシ!

ミサイル撃たれても出社するみなさんえらい!

わーい! ランキング入りしたぞー! わーい!!(45位)
pixiv.net/novel/ranking.php?mo

またテスト60点のスレスレを行きそうなノリで泣く

@asagi_udon  けもフレが好きな文字書きです。文字書きさんを探しています~。
よろしくお願いします

Show thread

いや死んだ
2度とメンテしねえ

昼間の誰もいないバ先に忍び込んでメンテしてたら先輩入ってきたんやが
死ゾ

器が小さいのでちょっとけなされただけで内心が大嵐

あーちくしょー
昨日勉強できないの(成績悪いの)笑われたんやが

3日で飽きる可能性微レ存やけど

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!