巽ヒロヲ @tatsumihirowo@pawoo.net

「二次元好きのヤツには何言ってもいい」とか思ってるタイプの人の無礼かつ不見識なツイートを目撃したことによる怒りも美味しいもののことを考えてたら静まったぞ(静まってない)。

親がニンニクとかニラとか嫌いだったから子供の頃はぜんぜん食卓に上らなかったんだよなー。

初めてレバニラ炒めを食べた時は、「レバ」も「ニラ」も何を意味するものか分からなかったことを思い出した。
なのに食べるなんてチャレンジャーだな、昔の自分。

子供の頃、マンガに登場するレバニラ炒めに憧れて初めて食べた時は「おいしくない…」ってすごくガッカリしたもんだけど、大人になってこんなに好きになるとは思わなかった。

久しぶりにレバニラ炒めを作ると、かなりの高確率で片栗粉を切らしている。
今日もそうだった。

hpの計算法としては『真ウィザードリィRPG』の「レベルが上昇するたびにレベル分のダイスを全て振り直し、合計が前レベルのhpを下回るようだったら1点だけ上昇させる(うろ覚え)」ってやつが好きだなあ。
『D&D5e』をDMする時に採用してみようかなあ。

1レベルから貰えるクラスの特徴とかを見ると「『D&D5e』の初期キャラって結構強いじゃん!」って思っちゃうけど、hpの計算方法と武器のダメージを思い出して「んなことなかったわすぐ死ぬわコレ」って正気に戻る。

データ量の多さは『D&D』の魅力の一つだけど、カードとか表を作るときには苦労するんだよな~

『D&D5e』の呪文カード自作作業、何とか初級呪文と1レベル呪文だけは終了した…
種族特徴もカード化したし、後はクラス特徴だ!

意外と簡単に紙フィギアができたんで調子に乗ってスパイダリングたくさん出したらめっちゃウザがられたなあ(成功体験)

雑魚モンスター用かんたん紙フィギアの作り方

エロに傷付く人だっているだろうし「何らかのゾーニングが必要」って意見も傾聴に値するかもだけど、そのゾーニングの具体的線引きに言及されず「気持ち悪い」と言われるだけだったら「がまんしてこれから目にしないように気をつけてね。無くなったり見付からなくなるとこっちも困るし」としか。

エロに癒され、救われる魂は、間違いなく存在する…

「子供を守るためにラノベの表紙を過激にするのやめろ」っていう人がいるけど、「子供の頃、ラノベの表紙がえっちでなくなったんで救われました!」って人はちょっと想像できない。
「子供の頃、えっちな表紙のラノベを読んで救われました!」って人なら容易に想像できる。

我が鳥取では「戦況が有利になると出目が良くなる」という謎の迷信が幅を利かせている。

例えばd20の出目が「20」でクリティカルの時、「19」が出ても「惜しい!」と思ってしまうし「20」に隣接した面の出目になってしまっても「惜しい!」と思ってしまうんだけど、冷静に考えると変かもしれない。
変でも何でもないかもしれない。

ついこないだ、『デッドラインヒーローズ』で、「クレジット0未満で臨死状態に突入」というルールミスに卓の誰もが気づかないという事件があった。
でも、いいと思うんだよな、クレジットで臨死。
経済的に追い詰められた人間がとてつもない集中力を発揮する、福本伸行先生の漫画みたいな展開…

自分の描いたエロ絵は当然のことながら自分にとってドストライクなシチュなので「こいつに画力が伴なったら(自分にとって)とんでもないことになるぞ…」っていつも戦慄する。
なお一向にとんでもないことにはならない模様。

画像並べてみたらちっとも似てないことに気付いた…

今回のzeroイベ、セルフ・ギアス・スクロールと勘違いしてずっと魔導書をマシュに装備させてた…