インフラ関連で「こんなに長い期間に渡って使用することを想定してなかった」系のトラブルを聞くと、自分に引き寄せて考えてしょぼんとしてしまうおっさんが自分です。

「運動の後の筋肉痛」とか「寝不足の後の頭痛」とか「焼肉の後の胃もたれ」とかがおっさんになると時間差で現れる不具合はいつ解消されますか。

昭和のホームメイド洋菓子レシピ本なんかにのってるお菓子の写真に特有の「ちょっと古臭いけど別次元に美味しそうな感じ」って何なんだろう。
写真のことよく分かんないんで説明できないけど、何かこう最近の写真とは光線の具合(?)とか違う感じがする。

ツイッターで「摂津と覚恕がムカつく」という感想をいくつか見て、こう言ってもらえるのって本当に役者冥利に尽きるだろうなあ~って思った。

「一年戦争の英雄“シャア”は実は2人いた! 1人はシャア・アズナブルで1人はキャスバル・レム・ダイクン! 片方はジオングの胴体に乗り、片方は頭部に乗っていた!」という偽史を思い付いた。

ダンジョンの最奥部に意味ありげな行き止まりを設け、そこに隠し扉を設置し、扉を開けるとクロスボウの仕掛けが動いて矢が発射されるという罠(すなわち「シークレット模擬ドア」)を用意したところ見事に引っかかってくれてほぼイキかけた記憶、何年たっても自分の中で色あせていない。

ダンジョンをハックする冒険者は視界に入ったドアに引き寄せられる習性を持つので模擬ドアは実に有効な罠なのです。ダンジョンを作る魔法使いはみんなこれを応用してます。
 

TRPGでいっとき「模擬ドア(開けても壁面や罠しかない偽のドア)」を出しまくったせいか、公式シナリオで模擬ドアが登場してもマスタリングしてる自分が原因っぽい雰囲気になることが多々あって理不尽を感じる。

「洞ヶ峠で日和見を決め込んだ」という故事は誤解に基づくものらしいけど、それはそれとして「並んで座る光秀と秀吉の前に筒井順慶が腰を下ろす」という絵面にはちょっと笑ってしまった。

広告内の女の子キャラの絵柄とか食器を洗うタイミングとかについて物申す界隈の中に「企業は炎上を避けたければ我々と同じ考え方をするアドバイザーを入れるべき」みたいなこと言う人がいるようだけど、それって「局地型マナー講師」って感じだなあと思った。

「ツイキャス」って言葉を目にするたびに「どのエピソードで実装されたキャスターだっけ?」と0.5秒くらい勘違いしてしまう。

「ツイキャス」って言葉を目にするたびに「どのエピソードで実装されたキャスターだっけ?」と0.5秒くらい勘違いしてしまう。

このシリアスとトンチキの混ざり具合…今回のイベント面白いぞ…

お、シリアスだったイベントの様子が…

このあとすぐ、20:30から! 知ってた!

明日、ショウガ湯かショウガ入り甘酒の素でも買ってくるか。

何か腸が冷えてる気がするのでハチミツとショウガをお湯で溶いたものを飲んだんだけどハチミツが少なすぎてショウガの味しかしない…

ネタメモ:
互いに屈折しまくった感情を抱いている百合カップルが、「相手が男に屈服して乱れているところが見たい」という動機から主人公にパートナーを犯すことをそそのかし、それを覗き見る展開。

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。