でも弟松あつまるととどちゃんが取り仕切るけどどこか一松は決定権があるというか…でも弟に甘えるいちまつちゃんかわいい

なんだかんだ一番お兄ちゃんできる一松くん

「結局あの時だけじゃないかぁぁ!また前のまんまだ…もっと、好きって言ってくれるようになると思ったのに…」って思いながら次男シュン…ってしながら帰ってたら、四男が路地裏の猫の方歩いて行ってついていったら、そこで急に四男振り返ってチューして、「…まぁ、メスイキ自体は…気持ちよかったから…またしても…いいけど…?」って小さく呟いて、それで次男大歓喜でなんならその場でもう一回やっちゃう

のはずなのに、次の日起きたら拘束されてて「…ん?」ってなったらすごい形相の四男が無言で次男のtnk掴んでめっちゃ45きだして、「おぉふっ?!い、いちまつ?!なにを、あっ、ちょっやめるんだ?!」って言ってみるけどそのまま四男フェラとかもしだして次男あっけなくイくけど四男全然やめなくてひたすら次男のtnk攻めまくって、「い、いちまつ、どうし、あっあひっちょっ、とっとまれ、とにか、ぁうっんっ、イッたから、ちょっ、とまっおっおおおふ、っんんっ「うっせぇなクソ松さんよぉ。テメェ昨日は俺がさからわねぇと思って随分好き勝手してくれたもんだなぁ。おかげでこちとら一晩中イってて一睡もできなかったんだよ。昨日言ったよなぁ?だぁぁいすきなカラ松兄さんのことこれからもたくさん気持ちよくするって…なぁ?気持ちよくなろうなぁ?」って一松様降臨してて結局その日道具やらオナホやらなんやら大量に駆使して1日かけて次男搾り取られる系

「も、ばか、おまえ、ほんとう、さい、て…んっ」ってボロボロ泣きながら次男にすがりついてて、次男は少しやりすぎたかなと思いつつも「たくさんメスイキできて一松いいこだったな。俺もとっても気持ちよかったぜ。だから、いい子の一松はまた大好きな俺とたくさん気持ちよくなってくれるか?」って内心ドキドキしながら効いてみたら、「ん、うん、かあまつしゅきだから、いっぱいきもちくなるっ」って頭こくこく振って、次男それでもう四男ぎゅうぎゅう抱きしめながら「一松がすごく素直だぁぁぁ!!すごい、メスイキすごい!!あんないつも終わった瞬間に塩対応になるのに!今日は全然違う!!!これは、これからもメスイキさせまくったらもうデロッデロでいつも好きって言ってくれるようになるんじゃないか?!!あぁもうなんでこんな可愛いんだもうメスイキ最高!!これからもたくさんヘブンに導いてやるぜ一松うう!!」って心の中でガッツポーズ

次男が、「ここな、S字結腸って言うんだ、男の子宮とも言われててな、こここじ開けたら、おれも一松もとっても気持ちいいらしいんだ。初めは辛いかもしれないけど、一松いいこだから、気持ちよくなれるな?」って一松のこと撫でてあげたら、四男が涙目で小さくうなずいて、「かあまつなら、なにされてもいい、もん…」とか言うものだから次男もう思いっきりS字結腸こじ開けて前立腺もこすりながら一気に奥をなんどもついて四男もうなんどメスイキきめたかわかんなくてほぼイキっぱなしなっちゃって、うわごとみたいに「かあまつ、しゅき、きもち、しゅき、もっと、」とか言うから次男は「メスイキ最高おおおおおお!!!!」って感動しながら最後に思いっきり奥をついて果てるのね
そんで、「はぁ、はぁ、いちまつ、いっぱい、きもちよくなれたなぁ…❤️」ってちゃんと四男のことギューってしながら撫でてたら一松イキっぱなし状態なっちゃってて、

そこで次男が「さて、ちゃんとメスイキできる体になったことだし、マイサンでも気持ちよくなれるよな?」って言って思いっきり挿入するの。そしたら中トロトロで柔らかくてでもすごいキュウキュウ締め付けてきてしかもメスイキした前立腺が大きくなっていい感じにカリとか擦ってきてあまりの気持ちよさに次男驚いて興奮しまくって、次男無心で腰振りまくって前立腺攻めまくって途中で四男がまたメスイキするけど次男もう止まれなくて、「いちまつ、おれのために、たくさんメスイキ、できるよな?」って腰振りながら次男が聞いたら四男が「しゅる、かあまつ、しゅき、だから、メスイキ、いっぱい、」って究極のデレ見せてきて、そこで次男の中で何かがきれて、そのままS字結腸に急に割り込んで、前立腺とはまた違う新たな強烈な快楽に四男「あ"っぁえっっなにっああぅあっ」って目見開いてビクビク手足痙攣して

メスイキの話 

四男を♀イキさせるためにまず前立腺の攻め方をマスターして実践したら案の定四男今まで攻められたとこないとこ攻められて気持ちよすぎてびっくりして早速今まで聞いたことないような声で喘ぎだして、前触ってって必死で頼むけどそれじゃ意味ないって言われてひたすら前立腺擦られて思いっきりメスイキしちゃう。その途端、まだイッててビクビクしてる四男が次男に「ギュ、ギュー、して、」って今までにない急な甘えを見せて、次男が「効いている…?!」ってなって、調子に乗って「ほら、またちゃんとメスイキできるようにもう一回メスイキしとこうな」つってぎゅってしてあげながらまた前立腺弄り出すのね。で、まだイッた余韻に浸ってた四男はまたあの感覚が戻ってきて必死に次男にすがりつきながら「やだ、もうあれやだ、やめ、てっ」って泣きだすけど体は依然ビクビクしてて、結局再びあっけなくメスイキ決め込んじゃって

からいちがラブホ行ったら次男の制欲爆発していてほしい
とにかくお風呂に一緒に入る→とりあえず次男が我慢できなくて一回やる→脱衣所でバスタオルで四男の体拭いてあげてムラムラしてすぐやる→そのまま挿れたまま四男を持ち上げてベッドに移動(もれなく歩く振動で次男のがどんどん奥に入っていってすでに四男でろでろ)→ベッドに着くまでに合計すでに五回はしてるであろうから、「もう無理ぃ、」って四男に言われるけど「何を言ってるんだ、今からが本番だろう」と言われてそこから3時間くらいかけて8回くらい四男がイキすぎて気絶するまでやる→しばらく寝て起きて四男が時間過ぎちゃうから起きてって次男起こすと寝起きの次男が意識少ないまま本能で四男遅いにかかり2回くらいする→中に出したのでまたお風呂入って掻き出してあげてるうちにそのまま前立腺とかゴリゴリしだしたりボディソープでぬるぬるtkb弄ったりしてまたやる→脱衣所でまたやる→服着せてる途中でもはだけた服がエロくてやる→結果四男がまた気絶して次男がおんぶして家に連れて帰ってようやく終了
的な

3話ネタバレ
冷静に考えて、「次男が四男に自分お手製のオナホをつける」というどえらいシーンやってくれた公式はやばい pawoo.net/media/cGDejIbkLpyZ07

次男のオナホ、バイブ付いてて伸縮までしてしかも中ぐるぐる回る機能までついてるとかえっちすぎるでしょ
そしてそれを真っ先にいちまつたやにつけるとか、四男をイカせるために作ったとしか思えない…

たちたてホヤホヤtkbとかいうパワーワード

ネタバレあり 

一話でのいちまつくんモブレ事件後のお清めせっせ pawoo.net/media/_4tWV_jUyP4z0V

とぎつ4 

出し切ってついでに潮までふいて、でもなんとか意識を飛ばさずに頑張った一松くんをぐしゃぐしゃ撫でながら次男が抱きしめてくれるのね。「えらいぞ、たくさん出したな、いい子だな一松、いい子、いい子」って嬉しそうにぎゅーって抱きしめながら頭ぐしゃぐしゃ撫でてるの。四男はそれで「あ、ぁうっか、からまっ」ってもう言葉発せなくなってるのね
それでやっと許してもらえた、やっと解放されるって思ったら、「じゃあいい子の一松は、お兄ちゃんのtnkも気持ちよくしてくれるよな?」って言われて
そこからtkbとtnkwはそのままに次男に挿入されて絶倫次男との戦いが始まる

とぎつい 3 

全部抜けた瞬間、太い触手が竿をのみこんで、その触手の中はウネウネの短い触手がしきつまってて、途端に触手が思いっきりtnkミルク吸い上げ出してしかもプラスでシコシコピストンまではじめて亀頭もグリグリ細い触手たちに攻められて、止まっていたtkbやおしりの触手たちも一気にピストンはじめて声にならない叫びをあげながら連続射精キメまくる一松くん
「あ"っっぁがっぉえっあっあ"あ"あ"っっ」って涙とかよだれとか垂れ流しながら体ビックビク暴れさせて止まらないアクメと射精に意識が飛びそうになるけど次男にほっぺた包まれて「ほうら、もっとイッていいんだぞ?ほらほら、イけイけ」って煽られて意識を飛ばせないことを思い出して顔振り乱しながら必死で耐える一松くん

どぎつい 2 

次男に必死に謝って「ごめんなさい、ごめんなさい」ってうわごとのように言って、何も言わずにみていた次男が「もうしないって約束できるか?」っていってさ、「する、約束、する、からぁっイキたぃっ」ってグスグス四男が泣いて
いい子だって次男がそっと四男にキスしてあげて
「でも信用ならないなぁ」って言われて、「約束するっていうなら、ちゃんと意識飛ばさずにイクんだぞ?いい子の一松は俺のためならできるよな?」って言ってそしたらぶっとい筒みたいな触手が伸びてきて
次男にほっぺた包まれながら、「えっ」って四男が言ったら徐々にnyodoの触手が抜けていって

かなりどぎつい 

nyodoに細い触手がたくさん刺さってるから出したいのに出せない四男
触手でさんざん前立腺を抉られて亀頭も短いウネウネした触手がたくさん生えた触手でこすられて竿もめっちゃシコシコされて中からも前立腺抉られる上結腸責めされて何度イッたかわかんないのに出せなくてtkbもちゅうちゅうすわれたりイボ付きの触手にコスコスされたりしてるし針みたいな触手が刺さっててそこからずっと媚薬を注入されてて口にもぶっとい触手入っててそこから出る粘液にも強力な催淫作用があって一松くんイキ地獄にあっちゃう

しょくしゅ 

息がだいぶ荒くなったところで手足を触手に拘束されてとにかくM字なるでしょ
そんでまずはシャツのボタン一つずつぶちぶち引きちぎりながらでも最後の二、三個は残されるでしょ
で、シャツ越しにたくさん撫で回されてシャツとの摩擦でビクンビクンなるでしょ
それでシャツの中に触手が入ってきてもいきなりtkb触れるんじゃなくてパフィーな乳輪くるくる回されたり揉まれたりでじらされるでしょ

しょくしゅ 

まずは服越しにその媚薬たっぷりのローションつきの触手で全身撫で回されるでしょ
もちほんtkbや股間は念入りに
それで徐々に四男の息が荒くなるでしょ

Show older
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!