そう言えばラフムの回までアニメ見たんだけどOP2が2番の歌詞になってちょっと意味深な歌詞になって変調するのめちゃくちゃ好き。

アニメだけならブラックジョーク満載のほのぼの頭空っぽの方が夢詰め込める系アニメだから。実質プリパラよ。

全人類「人類は衰退しました。」をみろ。そして最終巻を読んでこれガチSFものだったのかと理解しろ。本当に今までの積み重ねと明かされる重い真実のギャップが最高なので。

宿敵との対決。妖精パワーによってなんやかんや良い感じに演出され大円団を迎えるが素面に戻った後一週間程二人とも羞恥でお互いの顔が見れなくなった。

エクソシストとなりイライさんの中の夜行梟を祓うしかないと妖精さんから言われる回。「いや。無理ですけど。」と一度は断るが流石にイライさんが人間としての一線を超えそうになったのを見て「流石にそんな上司とこれからも仕事するのは嫌だ!!」とノリと勢いでマスクをつけてしまう。

ヤコフクみたいな仮面とエクソシストみたいなマスクの妖精製品があってイライさんが何故かその仮面をつけてしまって怪しげに自分を夜行梟と自称し謎の行動を始める回。梟的側面がだんだん強くなっていってそろそろ止めなければとイソップくんが焦りだすも元に戻すには自分もこのマスクをつけて

イライさんはほっぺた掻きながら「困ったねー?」ってちょっと頬を染めながら言うのにイソップカール顔面蒼白で「は?」ってガチギレして解除方法探し始める。ノコギリでも電動ドリルでも壊せない辺りから二人ともガチ焦り始める。

イライさんがイソップくんを怒らせてしまった時はイソップくんは無言でキッチンに行ってもくもくとお菓子を作り始める。それはもう尋常ではない数を作って妖精さんとお菓子パーティーを始めるしイライさんの分はないしなんなら夕飯も出ない。

多分このパロのイライさんは料理が苦手ですぐ焦がしちゃうタイプ。
イソップくんは初めはお菓子なんて作った事なかったけどきっちり計って手順通りに作れば美味しく出来るのでそのうちストレス発散手段になる。料理は目分量が多すぎて作れるけど嫌い。キレながら料理する。

このパロの良いところはお菓子を作るイソップカールが見れる所です。妖精災害に巻き込まれてディズニープリンセスみたいにされて「違いますが?」って妖精さんに怒るイソップカールとか何されてもされるがままでマーリンポジションのイライさんとか。

スマホRPGは今これをやってるよ。今はこのイベントが開催中! → t.co/qze4R0OHGN t.co/Xzsa7S3QGX

今日もラグ酷いんですか、

イソップカールに「お役所仕事め…」とか「これだから政府は…」とか恨み言吐きつつ「では法律で決まっていますのでこちらは回収させていただきますね?」「それは大変ですね。ところで法律〇〇条をご存知ですか?」とか言って貰いたい。イライさんもにこやか笑顔で言うのが似合う。

人が比較的多く調停官一人では心許ない地域に配属される事に。一人で人間と関わらずにいられるという利点から調停官になる事にしたイソップは想定外の事態にやさぐれていた。政府に恨み言を吐きながらその町へ。そこから始まる先代調停官イライと新米調停官イソップののんびりライフ。

人類は衰退しました。パロだったら妖精との調停官であった養父の後を継いで調停官になるための資格試験を受けに数ヶ月間、家を留守にした間に養父が死んでしまい、限界集落だった故郷は政府の指示によって解体。人々は近隣の村に吸収されていた。隣町には調停官が既にいるため養父を弔った後、

荘園でネクロニカしたらジョゼフさんはネクロマンシーだしイソップは勝手にドールにされた事に怒り狂うので初めから狂わしておかないと自殺してしまう。精神病院衣装がよく似合う。

美少女には終末背景がよく似合う

荘園でポストアポカリプスパロするならダンガンロンパとネクロニカ混ぜたみたいな話になりそうだな。イライさんが謎解きの鍵を握ってる奴。

人類は衰退しました。はマジで良いポストアポカリプスなのでみんな原作の最終巻読んで。世界の謎が明かされる所まで読んで。

ポストアポカリプス概念が大好きなんだけどノゲノラゼロとか人類は衰退しました。とか少女終末旅行とか、けものフレンズとかメイドインアビスとかネクロニカとかなんでもポストアポカリプスになり得るのでこういうのがポストアポカリプスです!ってお出しできない。宝石の国もあてはまるな。