わかる〜〜〜〜〜〜〜〜いつもより激しそう やっぱり私の方がいいわよね?みたいな

アヤメちゃんが寝たのを見計らって、後で2人でヤってそうである

トウカさんはシゲルは浮気しないという絶対的な信頼を持っているので…。

ナガエリおせっせは確実にカズヒサに見つからない場所でやる

若狭家はどちゃくそえっちなことばっかしてそうだけど三振家はこれが絶っっっ対にない これは確実

つづき 

「ラフィ……っ、ほら、イく、ぞ…っ、」
「……っ♡イグニスっ♡はやく、イかせ、て、くださ、あぁぁっ♡」
「あぁ……っ、くぅ……♡」
追い討ちをかけるように、二人のそれをまとめて扱く──びく、と身体が震えて、密着した腹に白濁が散る。
はふ、と熱い息を吐き、微かな余韻に浸っているラフィを押し倒せば、混ざり合った二人分の白濁を指ですくい取る。
「……っ……は、ぁ………」
「……やっと、みたいな顔だな?」
「い、わないで、くださいよ……、そんなこと、」
「本当のことだろ?……さっきまで、散々ねだってきたくせに」
「う、うぅ、それは…っ♡」
言いながら、不意に孔に指を押し当てる。潤滑剤の存在もあり、するりと指は挿入っていった。
言い訳を零していたラフィの肩がびくんと震え、指を締め付ける。
「おーおー、喜んでるなぁ」
「ふっ……ぅ…♡」
「…ま、オレも散々ラフィのそういうとこ見せられたら、辛抱たまらなくもなるわけで……サクッと済ませるぞ」
と。二本入れていた指を三本に増やせば、ぐちぐち、ぬちゅぬちゅと音を大きく立てながらかき回してやる。

Show thread

イグラフィほもえっち 

戦いの後の昂りは、そうそう消せるものじゃない。ドラゴンと対峙するような、命の危機に瀕するようなものならば尚更だ。
そんな昂りの覚まし方は、人によって異なるが──
「ぁ…っ、く、ぅ……、イグ、ニス…っ、はやく、」
「もう少し待てよ、ラフィ…っ、はぁ……痛い思いすんのは、お前なんだから…」
──オレと、ラフィールの場合は、こうだ。男同士で、というのはあまり表立って言えることではないだろうが、そんなことはどうでもいい──好き、なのだから。
傷で痛む身体を圧して、服を脱ぎ捨て身体を重ねる。痛いくらいに屹立した自身を、擦り合わせながら口付ける。
ラフィはいつもはやく、はやくと急かすけれど、それはオレの趣味じゃない。こうして可愛らしく、喘ぎ、オレを求めるラフィが好きだ。
それに、もし痛い思いをさせてしまったりするのは嫌だから。……まぁ、散々身体を重ねているのだから、もうこいつの身体はオレのものくらい、簡単に受け入れてしまえるんだろうけれど。
そんなことを考えていられるのも、もう終わりだ──情欲が登ってきて、吐き出したくなってくる。

トウカさんからしたら「求めてくれてるのにお預け、なんて酷じゃない?」ってことらしい 孫だし尚更…?しかし生は許さない(当然)

シゲアヤちゃんがおせっせしてる最中のトウカさんあれ、シゲルにディープキスしそう はちゃめちゃに激しく

あぁ〜〜〜〜〜シゲアヤおせっせ…………………………………

ラフィール……………………………

ラフィのちんちんシコってやりたい

浪川ルンナイBと島崎ルンナイAのイグラフィをよろしくおねがいします

なにげに自信作のイグラフィほも

PC表示のぱうーくんの左上、アナルに見えない?

シャーリーたその中の人、ホモもいけんのか(ガッツポーズ)

つづき 

「ラフィ……っ、ほら、イく、ぞ…っ、」
「……っ♡イグニスっ♡はやく、イかせ、て、くださ、あぁぁっ♡」
「あぁ……っ、くぅ……♡」
追い討ちをかけるように、二人のそれをまとめて扱く──びく、と身体が震えて、密着した腹に白濁が散る。
はふ、と熱い息を吐き、微かな余韻に浸っているラフィを押し倒せば、混ざり合った二人分の白濁を指ですくい取る。
「……っ……は、ぁ………」
「……やっと、みたいな顔だな?」
「い、わないで、くださいよ……、そんなこと、」
「本当のことだろ?……さっきまで、散々ねだってきたくせに」
「う、うぅ、それは…っ♡」
言いながら、不意に孔に指を押し当てる。潤滑剤の存在もあり、するりと指は挿入っていった。
言い訳を零していたラフィの肩がびくんと震え、指を締め付ける。
「おーおー、喜んでるなぁ」
「ふっ……ぅ…♡」
「…ま、オレも散々ラフィのそういうとこ見せられたら、辛抱たまらなくもなるわけで……サクッと済ませるぞ」
と。二本入れていた指を三本に増やせば、ぐちぐち、ぬちゅぬちゅと音を大きく立てながらかき回してやる。

Show thread

イグラフィほもえっち 

戦いの後の昂りは、そうそう消せるものじゃない。ドラゴンと対峙するような、命の危機に瀕するようなものならば尚更だ。
そんな昂りの覚まし方は、人によって異なるが──
「ぁ…っ、く、ぅ……、イグ、ニス…っ、はやく、」
「もう少し待てよ、ラフィ…っ、はぁ……痛い思いすんのは、お前なんだから…」
──オレと、ラフィールの場合は、こうだ。男同士で、というのはあまり表立って言えることではないだろうが、そんなことはどうでもいい──好き、なのだから。
傷で痛む身体を圧して、服を脱ぎ捨て身体を重ねる。痛いくらいに屹立した自身を、擦り合わせながら口付ける。
ラフィはいつもはやく、はやくと急かすけれど、それはオレの趣味じゃない。こうして可愛らしく、喘ぎ、オレを求めるラフィが好きだ。
それに、もし痛い思いをさせてしまったりするのは嫌だから。……まぁ、散々身体を重ねているのだから、もうこいつの身体はオレのものくらい、簡単に受け入れてしまえるんだろうけれど。
そんなことを考えていられるのも、もう終わりだ──情欲が登ってきて、吐き出したくなってくる。

Show older
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!