なんか変な操作をして昨日のネタが一部消えたけど、内容忘れちゃったてへぺろ☆

ヤバイ、ゆっくりできない!
マジゆんやーじゃん!
とかいはよりのいなかもの!

みたいなことを女子高生に言ってほしい

ぱちゅりーは飼い主が仕事で不在の間暇なので、ペットを飼いたいと申し出た。しかし動物や昆虫はゆっくりより格が上なので飼ってはいけないと飼い主が言う。
ぱちゅりーは銅バッヂなので格下というと食用か生き餌のゆっくり、もしくは野良ゆしか飼えないということになる。
なぜ野良ゆのまりちゃを拾ったのかと言うと、野良生活の厳しさを知っているので飼いゆに昇格することで、自分に感謝し忠誠を誓うだろうという打算から。

ネタメモ

街角で物乞いをしていたまりちゃ。飼いゆのぱちゅりーがやってきて声をかける。「かいゆっくりになりたい?」もちろんなりたいと答える。ぱちゅりーは「おにーさん、このこをかいゆっくりにするわ」と飼い主の人間に宣言した。
まりちゃは、人間はぱちゅりーの奴隷で、ぱちゅりーは自分に惚れたのだと思いこむ。

家に連れ帰られ、ご飯を与えられ体とお飾りを清めてもらうと、ぱちゅりーはこう言った。
「あなたはぱちぇのかいゆっくりよ。これからぱちぇをゆっくりさせてね」

耳かき小説が気になってググってしまいました

ゆっくりのギャルゲあるといいな
公園やお隣さんや加工所なんかにゆっくりがそれぞれいて、会話を進めて高感度によりヒャッハーエンドかHENTAIエンドになるやつ

あとは犬の散歩のエチケット袋代わりにゆっくりを連れていき糞を食べて始末をさせるとか
ダンボールのおうちに溜め込んだガラクタ(ゆっくりにとっては宝物)を一個一個ばかにしながら捨てるとか
陰湿な嫌がらせをしたい

ゆっくり研究所で飼育されているプラチナバッジの
はたてときめえまる
新聞の売り上げで競い合う2匹はもちろんゲス。
ゴシップを書いたり、相手の記事を盗んだり
行動はエスカレートしていく。
二匹は最近注目を浴びている
珍しいゆっくりを生産して海外へ売り込む事業について
情報を得るために全力を注ぐ。
取引されているゆっくりの様子がおかしいことに
きづいた二匹はゆっくりが麻薬取引に利用されていたことを
つきとめたが、それは裏でゆっくりんぴーすが関与していて・・・

まりちゃは森の学校に通うことになりウッキウキ!
しかししんぐるまざーのれいむが一生懸命狩りをして
つくったお弁当は貧相で、まりちゃは学校で
恥をかかされたことに腹を立て、食べずに捨てた。
からあげしゃんをいれろ!とわがままをいう始末。
とうとうからあげのために身売りをしてしまう母れいむ。
狩りの得意なまりさ(妻子持ち)に好き勝手に犯される。
泣きながら耐え抜いた母れいむ。
しかし騙されていて、からあげどころか草一本もらえなかった。
すべてを見ていたまりちゃは、自分を責めた。
すべてを観察していた観察系おにいさん(無職)は、
学生時代の自分とまりちゃを重ね合わせ共感した。
まりちゃに声をかけ、母親にお弁当を作って食べてもらおうということに。
そして一人と一匹ははじめてのお弁当つくりに苦戦しながらも、交流を深めていった。
彼らは後に街一番のお弁当屋さんを開店することになる。

Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。