結婚からはじまる | 柚月 pixiv.net/novel/show.php?id=86

リリカルっぽいのあげてました。ってこっちでも言ってみる。
ラブラブな王姫にここからなるといいなあ。(希望)

一カラ書くはずだったのにおそカラ書いてる。王姫楽しいよおうひめぇ……

仕事終わりー、うぐぐぁ…途中まで書いて放置してた班まひの続き間違えて消しちゃったぁあ…(´;ω;`)

ミク誕描けなかったからくっそ古い絵を引っ張り出してきた…5年…6年前…??
しかも時間過ぎてるしね、もー! pawoo.net/media/_6ecya10WtExqb pawoo.net/media/LEeoY--A1J0yYY

柚月 boosted

😗.。oO(みなさんー!今後お題をトゥートしていこうかなって思ってるんですが、 ってやりたいですか…?)

ケーキバース班マフィ③ 

表情無くして黙々と手を動かしている作業員たちは果たして自分たちが作りだているものが何に使われているのかを知っているのかいないのか。知らない方が幸せだろうが知ったところでそれを止めることは叶わないのだし、まあどちらでもいいかと興味を失った。
毎秒毎分同じ作業の繰り返し、俺が入ってきたところで手を止めるヤツはいない。こいつらまとめてみんな機械のようじゃないか、そのお陰で毎月まとまった数が収められているのだが。

「ああ!これはこれは、またいらしていただいて!!」
暫くレーン周りをふらついていると大仰に聞こえてくるでかい声、目に見えてゴマをするここの工場長だ。
「納期には間に合いそうか」
ゴマをすられるのは慣れているが、特にいい気はしない。一歩引いて顎で作業員をしゃくって問いかければ、ええ!もちろん!とにたりとした笑顔を貼り付ける。
ああ醜いなあ。
「それは上々、質に妥協はしないぞ」
「もちろんでございます!ファミリーの皆様にご迷惑をかけるような真似はいたしません!」
「それはそれは」
醜い男の相手をしてやるのも仕事か、隠すことはせずに思い切りため息をついた。

Show thread

あ、こっちでは基本的に書こうか悩んでたものを即興で続けて書いてってます。隠せるって素敵、文字数も満足。

ケーキバース班マフィ② 

帰るときには連絡すると運転手を務める部下に告げればSi.と短い了解の言葉が返される。
イイコだと頬を撫でてやっても無表情なのは面白味がないがそれだからこそ部下が務められるのだろうと前にドンが言っていた。
それは確かに俺は万人を魅了する罪な存在だが、少しくらいは反応を返しても悪くないのではないだろうか?

思っているさなか、さっさと手を逃れ車は敷地を出ていった。いくつかの仕事を任せてあったからそれの指揮を執りに行ったのだろう。無表情だがなかなかに使えるのだ。
きちんと舗装もされていない砂利の混ざるコンクリート、ざくざくと歩く度に音が鳴る。歩き方を間違えたら靴に傷が付きそうだった。

ざく、ざく、と響かせて背筋を伸ばしたまま建物内にはいる。昼間でも薄暗いままの建物内はグラスの色も相まってどんより沈んでいるようにしか見えない。
「さて、この時間はまだまだ稼働時間か」
勝手知ったる敷地を歩く、ゴウンゴウンやたらに大きい機械音に耳が痛む。
こんな所で毎日カンヅメにされて気が狂わないのだろうか?ああいや、もうここで働く者はみな行き場がないのだから狂ったとして構わないのか。

Show thread

班マフィ① 

最初に目が合った時にビビッときたのが出会い。
ああこの人は俺のだ、俺のにしなきゃダメだ。死んだような目をしたあの人が振り向きざまに目の色を変えた時にそう思ったのが最初。

身の丈に合ったスーツはピタリと身体に沿う。毎日しっかりと鍛えている体は見苦しくない程度の筋肉を有していて我ながらウットリしてしまう。
全身映る鏡をじっくり見つめてほんの少しでもおかしいところがないかをチェックする。大丈夫、くるりと回る、大丈夫いつもの通りに男前だ。
外出する時は手放せないサングラスを装着して、整然とした部屋を後にする。
この国の気遣いは素晴らしい、自国であったなら余程チップを弾まなくてはいけなかっただろう。
気持ちばかりと差し出しても逆に困惑顔で大仰に拒否されることすらあるのだ、自分たちの仕事ぶりにもっと自信を持ってもいいのではないだろうかといつも思う。

何はともあれ今日も陽の下、楽しい仕事の時間だ。
エントランスに横付けられた黒塗りの車で向かう先はハイブランドのスーツにも高級車にもそぐわない、暗い雰囲気に包まれた工場。
ああでも。
ここにあの人がいると思うとどうにも素敵な場所に見える。

[R-18] 運命に触れて | 柚月 pixiv.net/novel/show.php?id=86

ドンヒラオメガバース、糖度マシマシ。
表紙がエロいのでぜひ見に来てください。

とりあえずこちらも稼働させてみました。
壁打ちばっかでぼちぼちやってると思います。

とりあえず壱ヒラ原稿終わりませんたしゅけて(´・ω・`)

Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!