2017年に発行した本をpixivに再掲しました。お手にとって頂いた皆さまありがとうございました🕊✨

【進撃エレリ】Lily of the valley.(WEB再録 | のりお pixiv.net/artworks/83813812

エレリSS。 

たくさん殺した
たくさん死んだ

例え悪魔と罵られても

「 好きです 」

このどうしようもない想いが
誰かの記憶になって
生き続ける事を願っている

エレリさんは『最初で最後』をお題に、140字でSSを書いてください。
shindanmaker.com/386208

25巻を読んで、誰が止めても後戻りしない感じのエレンと、何年も調査兵のマントを捨てられない兵長の対比がせつなかった。二人は進む者と守る者だから、絶対交わらない・・

綺麗な夕焼け空の下、優しく抱きしめられ、小さな声で初めてのちゃんとした愛の告白をされて、泣きながら自分も同じ気持ちだと伝えるエレン
shindanmaker.com/597297

うっ、想像すると泣けてしまう😢

アルキメデスの定理 ※SS 

巨大なそれは窓の外からでも目についた。

「飛行船、兵長も乗ってみたらどうですか。」

ベットの中でエレンは言った。

ひこうせん。空飛ぶ船。

「この年になると新しいことなんて怖くて仕方ねえが…」

あの大きなガス袋から見る景色は、
一体どんなものなのだろう。

「お前が一緒ならいいかもな。」
「はは、喜んで。」

抱きしめられると香るエレンの匂いが、
ふわふわと身体中を満たしていくのを感じた。

進撃の声優 

声優さんの生アフレコ凄かった😂NHKさん感謝しかない…改めて進撃楽しみと思った!

※現パロ。別れ際が寂しいリヴァイ。 

ガタンガタンとエレンが乗る車両が近づく音がする。
エレンは向かい側のホームで小さく手を振っている。
帰りの電車など来なければいいと思う。
到着した車両は数秒停車して、通り過ぎればエレンの姿はなかった。
寂しい。
30にもなってこんなにも情けない気持ちになるとは思わなかった。
ため息をついて振り返ると、背後に息を切らしたエレンがいた。
「あの、何か言いましたよね?」
はぁ、と息を切らしてエレンは問いかけてくる。
「…電車が来なければいいと言った。」
「それだけじゃ分かりません。」
ホームから急いで走って来たのか、額に汗が滲んでいる。
「お前がいないと寂しい。」
それを聞くとエレンはうっすらと涙を浮かべて、俺もです。と微笑んだ。

別マガ 

40近くなってもリヴァイは若見えだね😳カッコいい!

五輪なので選手とコーチらしきもの。リヴァイもジャージでよかったかも…🙄 pawoo.net/media/UoXnZg3J8jlgYd

リヴァエレリ。SS。 

リヴァイさんと会うのは10日ぶりだ。
仕事や趣味のこと、会えない間に伝えたかった言葉が止まらない。
「は!すみません、俺ばっかり…」
「気にするな、お前の事は何でも知りたい」
「…っ」
熱を持ったグレーの瞳が、もっと聞かせろと次の言葉を促してくる。
「…今夜、俺の部屋に来ませんか…?」
それを聞くと薄い唇が、ゆっくりと弧を描いていく。
「それが一番聞きたかった」

‪3期本当に楽しみだなぁ。リヴァイ視点の世界、ケニーとの抗争、己の過去、生きる意味と、大切なものに気づく物語でもある😌‬

記憶の継承 ふんわりエレ→リ 

誰の記憶かはわからない。
憧れで、たまらなく好きで。
報われる事はなかったが、
不思議と後悔はない。そんな記憶だ。

いつか巡り逢えるだろうか。
名前も姿も思い出せない。
その人を愛していた記憶だけが、
逢う時を焦がれて消えないのだ。

3期のキービュアル作画好き。。ケニーもリヴァイもどことなく目元や輪郭が似てて、血筋を感じる😢

進撃3期〜!来年7月とかすぐだね…?楽しみ😌

この人俺のなんで、みたいなエレリが好き。独占欲😌

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!