seriouscat boosted
seriouscat boosted
seriouscat boosted
seriouscat boosted

「あっ♡ぎぃっ♡がぁ…♡かはっ♡あがっ♡ぎもぢ、いぃ…っ♡ぎもぢい…っ♡」
首をギリギリと絞めつけられ、不知火は泡を吹き始めていた。それでも不知火は甘い声で喘ぎ…秘裂からは更なる蜜を溢れさせる。
「おっ、陽炎みてみぃ。不知火のあそこ、もうグチャグチャや」
「うわっ、すっごい汁出てる…あんなやらしく喘いじゃってまぁ…」
「ぎぃっ♡やめ♡言わないれぇ♡」
以前の陵辱とは違い、今回は二人に見られている。自分が首を絞められ、犯され、それで淫らに喘いでいる、その無様な姿を。その事実が不知火を煽り、そして…
「ぎっ♡いぐっ♡イグイグイグ…ッ!」
溜まっていたこともあり、不知火は始まってから十分と立たずに絶頂した。
「うわっ、凄っ、不知火ってあんな潮吹くんだ…」
「股んとこも見てみぃ。イったばっかゆうのに、あんな突っ込んで激しく…エグイわぁ…」
「や、ぁ…♡見ないでぇ…♡」
洞窟の中には、忌雷の触手が水を叩く音、そして不知火の秘裂から蜜が掻き出される音、何より…不知火の喘ぎ声が反響する。自分がどんなに無様に喘いでいるのか、そしてその反響する喘ぎを姉妹に聞かれている事実が、不知火の性感を更に煽る。

Show thread
seriouscat boosted
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!