【白百合】主催@スタック @s_jogakuin@pawoo.net

Pinned Toot

改めまして白百合ありがとうございました!【白百合】主催です。

ふら~っと落書き・裏話の置き場所に迷った結果、Pawooを選んでみましたが、慣れていないので試運転でお送りします。いつまでも試運転のままかもしれません。
(Twitterの壁打ちアカウントは参加者様が使う壁打ちであって主催が利用するのはちょっと違うなと思い……。そして主催はアカウントを持ちすぎ案件を抱えてまして……。
何か他にいい策あれば検討します)

とりあえず集合絵です。

今日は目録投稿から一周年でした。
早いですね……こわいですね……。

なんっども言うようですが企画終了後も漫画やイラストや
拝見できることがもう本当に嬉しくて。
参加していただけただけで嬉しいのに、
期間中素敵な作品を作ってくださっただけでも嬉しいのに、
皆のストーリーが続いていることにありがたさで震えています。
ありがとうございます。
末永くどうぞよろしくお願いします。

この子のストーリーはこうして幕を閉じるのだろうか、とか
この子のストーリーの続きを……救いを……、とか
この子のストーリーにこの子のストーリーが重なるってすごい、とか
悶絶したり、感慨深くなったりと、大変忙しいです。
pixiv企画ってすごいですね。
一人一人のストーリーが詰まっている。
そしてそれが重なってお互い影響しあい、発展していくんですよ。
中々ないですよ。
大袈裟かもしれませんが、すごいことをしているんですよ……。

何かいろいろ言いたいことあるのですが、現実から逃げ出して来ているので
また改めて!
みんな大好きです!

白百合が咲いているのを見て感慨深くなります。
エンディングが遅れたのはすごく申し訳なかったのですが、
やっと投稿できる時に百合が咲いていたのを見て
白百合が枯れた頃に始まって、咲く頃に終わるのか……
って思っていました。
いや、遅れちゃダメなんだけど。本当にすみません。

毎日暑い日々が続きますが
熱中症にはくれぐれもお気をつけてください。
|
あと4日ほどで運営は終了しますが、こちらでは本当に不定期に落書きしたくなったときに落書きを置いていきます。
頻度はあまり高くありませんが描きたくなるんですよね……。

写真は全部私が撮ったものを使用していました。
小物は100均で揃え、今でも白百合の造花とかハロウィンのカボチャの入れ物が部屋に転がってます。
最近の100均はすごいぞ。
ただ問題があるとしたら、もて余しています。

白百合の花瓶には本当の血なんて入れられるはずもなく、絵の具です。
自分で考えた設定ではありますが、傷口を合わせて契るなんて、極道なのかな……って思います。
変遷は色々有りますが……。

小物系と本物の百合、湖は企画のために撮りおろしたのですが、
他は明治村と京都の廃学校を撮ったものを偶然残していたのでラッキーでした。
S女の校舎は古いのでまさに、といったロケーションだったのです。
どこで使うんだ? というのも撮っておいて損はないものだなと、しみじみ。

企画終了後も皆さんの漫画が読めるの最高だな。
投稿のたび、万感の思いを込めて名前呼んでいます。

もうひとつのポリシーで、参加者さまには平等に接するということを掲げているのですが
そのせいで個別に感想を送れないのが歯痒い。
みんなすきです……。
うち震えている……。

あとそのポリシーが、エンディングでお借りした方の配置について融通が効かなかった理由です。
何が贔屓に当たるかは解りにくいものですからいっそのことなにもしない、決めたルールに従う、といった事情です。
あとから考えれば何をこだわっていたのか? という案件ですが。
言わなきゃわかんないよ……

語ってばかりなのでそろそろ落書きとかしたいんですけど、他にも色々描かねばなので中々。

企画運営する上でいくつかポリシーがありました。
一つは企画終了まで主催が誰であるか大っぴらに明かさないこと。
これはまあ私の趣味です。

明かす明かさない、どちらのほうがいいのかな~とTwitterでアンケートを取ったことがあるのですが、
どちらでもいいと言う方が半数、次いで明かさないでほしい、明かしてほしいの順でした。
なので、その辺は各主催さまの好みでいいと思います。

企画終了まで明かさない派である私は
「立ち絵でバレるのではないか?」と不安でしたが
(友人に「君の絵は等身でバレる」と言われました)
わりと気付かれていなかったみたいです。
流石にエンディングの漫画ではバレました。そりゃな。
でも漫画で描きたかったので……。

ストーリーもわりと四苦八苦しました。
バレないよう普段使わない文体で、かつマイルドに。単純に。
と、自分を殺すように書いていました。
「天使と悪魔のアンチノミー」と「或る少年の死について」が本来の文体に近いのかな。
自分で見ると生き生き度が違うなって思います。

そういえば企画で文字は書かないのでバレないように気を使う必要なかったのですが。

主催に関してなのですが、
よくありがとう、や、ご迷惑をおかけしましたとお声がけいただきます。
ありがとうはともかく、ご迷惑をかけられた覚えがないのでそんなそんな……それは私の言葉だ……という思いです。

皆さまのおかげでとても素晴らしい作品が詰まった企画になりましたし、
ここまでS女が不気味であり、かつ花園感を持つ学院になったのは
企画だったからこそだと今では思います。

学院もそうですが、NPCについては、間違いなく皆さまのおかげでした。

なんか、私のなかでNPCを含め、公式サイドストーリーはそこまで重要ではない、冷たいものであっていい、と思っていたんですよね。
企画のメインはあくまで参加者さまのキャラクター、個々のストーリーです。
なので公式〝サイド〟ストーリーだったんです。
そこに感情は少なくていい。
だから文章という公開方法でした。

でも、あら不思議。
最終的にキャラもストーリーも生き生きしていました。
(ストーリーに関してはまた今度話します)
Yはもう、確かにそこにいたのだ、と感じずにいられない。
すごい。

キャラに血を流してくれたのは皆さまでした。

@s_jogakuin しまった。改行スペースの「|」を入れ忘れました。
パソコンで見ると改行スペースちゃんとあるんですけど、スマホアプリから見るとなくなって、長文になるとものすごく見辛いんです。
そのための「|」なのでした。

企画主催は2回目でした。
ただ、1回目は申請企画でしたし、
男女バランスなどの規制の必要性や厳密な世界観があるわけではなかったので比較的楽ではありました。
多分それがある企画は大変だと思うのでその主催さまは褒め称えてください。
ほんとすごいと思います。

交流企画は全然勝手が違いました。
期間の長さもそうですし、舞台をしっかり整えていなければならない。
ルールも勿論整えなければなりません。
その上、本来ならあってもなくても構わない公式(サイド)ストーリーなんてものもやる。
やること多すぎないか、と。
見きり発車な部分もあったので(わりと卒業式イベントなんにも考えていませんでしたし、公式落書きも多いな思い付かないな、なんて思ってました)
最後まで完走できるのか?と一番はらはらしたのは私かもしれません。

その甲斐あって素敵な作品の数々に囲まれたのでこの感動ね……
一度味わったらね……また企画したくなるんですよ……。

そう思えるのも1回目の企画も今回の企画も参加者さまに恵まれていたからこそだな~と思います。
何回感謝すればいいんだ?

素敵な作品が上がるたび、本当に主催してよかったと実感します。

そういえば最終章でお借りしたお子さんの配置なのですが、「5作品以上投稿した方」と「5作品以上投稿した上で思い出の切り取り方に参加している方」で配置ページが異なっています。

一応全作品を拝見した上で関わりのあるキャラを近くに配置したつもりですが、
漏れがあればホントすみません。
あとあの子とこの子を隣に描きたかったのに〜!と思っていても
上記の条件の都合で泣く泣く離れ離れになった方たちもいます。

融通を利かせられなかった理由は長くなるかもしれないので、また今度ぽつりとトゥートします。

【夏服について】
一応考えてみたんですが何度も言う通り主催にはセンスがないので自由に着こなしてもらっても構いませんしもう好きに描いてくださいっても大丈夫です。
コンペでも開こうかと迷うほどのセンスの無さです。

【制服について】
圧倒的センスの無さで、制服考えるのがわりと苦痛でした。
オフ友に泣きついたんですが「これでも見てな」と写真を渡されただけでした。
参考に2パターン考えて、別のオフ友に相談したところ、今のに落ち着きました
(初期案もうひとつ探したんですがどこにいったんだろうか)

赤基調のね、ワンピースがね、
好きなんですよね。
そこはね、譲れなかったんですよ。
そしたらどうしてもダサくなる一方ですよ。
デザイナーってすごいなって思いました。

もう開き直ってちょっとダサめの制服って言う設定にしようということになったのですが。
CSが投稿されるたびに、
エッみんな可愛すぎじゃない!?っていう着こなしで。
エッこれがあの制服!?エッ案外可愛かった!?
とわりと混乱しましたね。
なんかもう、ありがとうございます……。
感謝しかしてない……。

企画開始前に夏服は?という問い合わせはあったのですが、待ってくれ私には限界だ、と誤魔化して生きてきました。

【公式SSとブクマコメについて】
実は公式SS書きながらめちゃくちゃ「この話いるか!?いらなくない!?」という葛藤に苛まれていたんですよね。
自己満足すぎるのではないか?とかこれは企画向きなのか?とか。
あと個人的に、影響を受けた作品にモロ被りなところも気がかりで。
(開き直ってもう「あら野のはてに」とかいれちまおうぜ!ってやってましたけど)

でもみなさんの作品に、Yに関する出来事が波紋のように及ぼしているのを拝見すると、こう、上手く説明できないんですが
「書いててよかった……」って実感しました。

また、ブクマコメでも有難い言葉をたくさんいただいて、
心の糧にしております。
ありがとうございます。
お一人お一人に返していきたい気持ちはありますが、まとめてですみません……。

【寮母の子ども】が人気?だったのは少し意外でした。
落書きはクリスマス頃に書いていた子どもです。
クリスマス書くのが一番しんどくて落書きしたんだと思います。
(消しましたけどイラストの横に「落書きしている場合か?」って文字がありました)

噂についてのシステムは、参考にさせていただいた企画主催さまから直接許可いただきました。
とてもありがたかったです。

噂はS女という舞台を彩るためには不可欠の要素でした。
だからこそきっかけ作りに主催から噂を配布しようという思いだったのですが、
予想以上に噂が蔓延して、ものすごく面白い空間となったのは他でもない参加者さまのお陰です。

配布した噂をこう扱ってくれるとは!と驚かされもしましたし、
参加者さまに作っていただいた噂の一つ一つが胸踊るものばかりで!
本当に感謝するしか他ありません。
S女がこんなにいとしい学校になるとは思ってもみませんでした。

また、噂に接する生徒たちも、お一人お一人違っていてそれもとても興味深く拝見しておりました。
怖がる生徒も楽しむ生徒も不快に思う生徒も……皆いとおしかったです。

めっちゃくちゃしょーもない裏話なんですけども。
|
期間中、噂まとめや生徒名簿などエクセルにまとめていたんですよね。途中でそのデータがぶっ壊れたんですよ。それで心が挫けて、以来まとめの滞りとか出てきて申し訳ありませんでした。
|
ですので、主催から配布した噂で未だ出ていない噂が全く解らない有り様です。
ありがたいことに色々使っていただいたおかげでその数は少ないと思うのですが……。
|
ぼちぼちと照らし合わせて、真相と共にお届け出来たらと考えております。