Pinned toot

『害獣会』
元はTwitter時代にバーチャルツイッタラーを名乗っていた頃、
使い所もないのに調子こいて考えたファン名称。
当初は会員を募って本当の集団にするつもりだったが、
どうせ集まるわけがないだろうと思い、結局会員募集は行わなかった。
会員募集を想定していた頃のコンセプトは
・組織として明確な形や規則を持たない。
・故に目的はなく、会員に強いる行事や活動もない。
・入退会は自由だし、会員同士の連携も自由。
……あってないようなもんだよ。
ただネットの仲良しグループを害獣会と名付けてるだけだ。
それがTwitter凍結されてTumblrに移ってから、
・創設者(私)だけが所属する。
・新規会員の募集はしない。
・パープル集団を自称する。
……もう組織ですらなくなったよね。

Pinned toot

バーチャル害獣としての私の詳細。
一枚目は頃合い見て作り直す予定。
二枚目はリアル頭身(@jokerbear 誌様作)。
描いて貰えるならなるべく二枚目を参考にしてね。 pawoo.net/media/eWyYr1MPyHQ6oX pawoo.net/media/jEhLiHkp-kmEAO

世間一般のヤンデレは、
ただヒトを食い町を壊すだけの怪獣みたいなもんなのかもしれねぇ

そしてそいつらは手当たり次第通報され凍結される、
或いはそういう奴らをこそ運営は放置して冤罪で凍結される奴が増えるか

・Dislikeの数字が増えることをいいねやBTと同じようにポジティブに感じるユーザーが増え、過激化が促進される

案としては一理あるけどそれより私の凍結解除が先だろ

Twitterに「よくないね(dislike)」ボタンができるかも? 幹部が「検討している」 (1/2) - ねとらぼ nlab.itmedia.co.jp/nl/articles
DiscordとかMisskeyにもそれをカバーしてる機能があるのう

或いは飽きが来てる可能性もあるから距離を置く

コンテンツが面白くないと思ったら一旦「これは自分向けではないのではないか」
という視点を持ちたい

夢中になれないなら夢中になりゃいい。
美味くないと非難轟々の安物でも餓えてりゃわりかし美味い。
絶品と評判の最高級品でも満腹じゃそうでもねぇ。
そういうもんじゃねーの

夢中になれないとどうしても変なところにばっかり目がいってしまうのが人間なので…

然しだからこそ面白がれる部分を探す楽しみもある

欠点ばかりに目がいく場合は単に自分が面白がれる部分がないだけ、と思っている

だから海外の通販サイトだかにはレビュー欄に『自分向きじゃない』の項目ができたんかね。
言うて感想によって他人に働きかけて自分にとって好都合な結果を残したいならまず自分自身からしてしっかり動けるようになれって話だけど。

『世界を変える気骨があるならまず自分自身を変えねばならない』って歌詞もあるだろ?

読者が言う「共感できなかった」も「設定にリアリティがない」も「値段が高い」も全部ただ『俺にはこの本合わなかった』でしかないよ。
ちゃんと感想を文に書ける読者がいるはずないだろ! いいかげんに作家はそれを理解しろ😭

或いは代案を出せと言いたい。
代案を出せもせず批判すんなと

読解力が低下してる人が多いっていうのは感じる。ソレ自体は別に気にしないんだけど、興味無くてわからなくて嫌なら、わざわざ見なくてもいいと思うんだけどな…

三文字性癖やらの不貞や性犯罪ものが無駄にでかい面してんのもそういう関係なんかね。
美女を真っ当に愛し幸福に生きる姿に共感できないから不貞行為で奪っちまえみたいな。

ロクショウの言葉借りつつ改変するなら
『理想の美女と身を重ねる空想をするなら、
何故その恋人や夫でなく他人の妻や恋人を奪い取る悪漢になりたがるのか。
"自分は理想の美女と正攻法で愛し合えるわけがないから奪って汚してやる"という"空想の自由"を掲げ勝ったつもりでいるようだが、
"正攻法で愛し合えないから奪う"発想は、
それそのものが既に現実に囚われた不自由なものではないのか。
"空想は自由"なら何故自分が理想の美女にふさわしい男前であると思えないのか。
或いは他社の幸福な生活を見守る立場に徹することもできないならそれほど惨めで憐れなこともない』

それと同時によく見かける話題
「主人公に共感し過ぎて、なんだか辛くなってくるから、楽しめない」
っていうのも異常な人だと思う。たかがフィクションだろ…

あれよく見かける話題
「主人公に共感出来ないので楽しめない」と、わざわざ言い出す人って、なんかそれ、可哀想だとも思う。
何かの感性に乏しいという自覚が無くて、楽しめないんでしょ。

以下のツィートを見かけて、共感する「必要」はないって事には異存なかったんだけど、一方で主人公に共感しながら読み進めるという読書のあり方は、特にエンタメであれば「普通の楽しみ方」ではないかなと。

そしてそれを念頭に置いて作られている小説やマンガ、映画が「エンタメにおいては主流」だろう。

その結果として主人公に共感する読み方しか出来ない人は多いんだろうと思う。

そういう人達を小馬鹿にしているようにも読める文章で、ちょっと不愉快だったな。

橋本陽介さんはTwitterを使っています

「主人公に共感できない」っていうコメントがけっこう出てきて気づいたのは、けっこう多くの人が主人公に共感しようとしているのだった。私はもうそんなふうに文学を読まないので、完全に忘れていた。 共感する必要はですね、全然ないんです。」 / Twitter

bit.ly/38RGMHX

サソリが紫外線ライトで光るのは外皮に明暗を探知する機能が仕込まれてて安全確保に役立ててるからって説があるしカモノハシもそういうことなんかね

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。