Pinned toot

アカウント停止で根に持っているのは
渋凍結バツイチのオディア
バカチョン特有の論点と被害者加害者すり替えに気をつけろ

Pinned toot

「平和はお前の所有物じゃない」

平和を振りかざして戦争を仕掛けたオディアの
    完 全 敗 北 だ

だから、私を追い出そうとするのを諦めて
今までの罪を精算する為に今後きっぱりとネットをやめるんだな。
あれだけ場を荒らしておいて被害者面しながら
   二 度 と 来 る な ゴ ミ

Pinned toot

ご覧の通り、私は何も人のせいにしていませんし
渋凍結もただのアクシデントとしております。

アンチからの狂言と洗脳用妄想バイアスにご注意を
渋にしか居場所が無いので必死になって
人を追い出す邪悪な壊死(絵師もどき)が暴れまわっています
皆様、是非とも警戒しましょう。

Pinned toot

「Lux(a.k.a.ナナシア)はPixivアカウントを凍結された逆恨みでオディアを誹謗中傷で傷つけ陥れた」という
私に関する事実無根の嘘を正さない限り
オディアは一生許されない。

しかし、こうもゲームと一切関係無い所で
原罪を背負うとかアンチローグ二号のツラ汚しよ

二枚舌や方便は誰でもやっているだろ?
私含めて免罪符にならない、のだが

相手は安全圏での匿名性の妄信の上から
五枚舌マウント一方的外交で
免罪符が発行されるとか思っているお花畑脳なんだから話にならんわけよ。

こちらの垢でほぼ誰にも相手されてなくても
別に予定通りだ
一人でもやりきるぞ。

そう、オディアクラスタ 特に頭領のオディアが該当だ

キュレーションサイトである私の悪事Wikiは『オディアクラスタのみが作ったもの』として、
さらに奴の黒歴史として処理するから大丈夫だ、私にとっても反省素材になるから別に残しておいていい。
ジャル氏もこんな呪われた奴により着せられた罪から逃れるようにする、私からのせめての償い。

つまり、オディアのバックボーンにいる方々が恐ろしいのでデコイであるだろうコイツと臭い取り巻きを中心に
特に現状みたいにオディアだけをサンドバッグにすればいいわけだ。

確かに私は性格が悪いかもしれないし
別に謝っても罪は消えないのは分かっているが
こういう時は自分に責任を負うからな?

こうすれば、自ずと誰が真犯人だか浮き彫りになるだろう。
肉を切って骨を断つというのはこういうことだ
一匹でコソコソとピク百や5chで白々しく責任逃れをする奴が真犯人だろうな。

こちらとしては情報ソースが腐るほどあるので
いつでも反撃出来るぞ
どこまで言い訳が出来るかなw

復縁どうこより、謝る行為自体が大事だろう。
にしはん氏とは別に復縁できなくてもいいぞ、時が解決する前に時間切れしそうで個人的な無念になりそうだしな。

何しろ、人を道具としてしか見てない
裸の王様()で勇者様()なオディアの悪事が明確になるようにな。

旧オルタナの作者である、りどさんって
コリアから来たオディアとか言うキチガイに
殺されたんだってね。

つまり、たまごっちのヲチスレ時代から
一切変わらず反省していないのはオディアしかいない。

こちらはなんとも思ってない人の渋アカウント停止が
そんなに面白いという事はオマエのトラウマそのものだからだろう?
ブーメランの度が過ぎるw

何もかも図星でまた第三者装って泣きつく?
それともピク百で自称正義の味方()でもやってまたマウントするのかい?

DAIKI氏もこちらから利用してわるかった
ここを見てないかもしれないけれども、私の不祥事として謝ります。

私は片方としか因縁が無いのでこれに改変する 

にしはん、随分と腕上げたな
悪役になって私が変わりに炎上して良かったよ。

こちらも悪かった、過去の事は水に流そう

コイツは四六時中、ストーキングと誹謗中傷と
イキリマウンティングしか出来ないのでスパブロ推奨の渋最高害悪

アカウント停止で根に持っているのは
渋凍結バツイチのオディア
バカチョン特有の論点と被害者加害者すり替えに気をつけろ

オディア #とは 

オディア殺すw(実際は殺す価値も無い僻みウソツキマン) 

オディアは人間じゃない
ヒトモドキ妖怪うんこ汚泥原人なので
誰でも気軽にバッシング出来て誰も罪にならない玩具

オディアはマジョリティキチガイの歩く頭TwitterJPマンだから
ありがたいや批評、タダの痰壷偽暴言と
邪道な暴言の区別がつかない。
邪悪な黒い葡萄原人

嘘に嘘と言い訳を重ねる五枚舌野郎
恥の上塗りをして死ね俗物

渋鳥の平和の為に
汚物うんこディアを除鮮しよう!

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。