Pinned toot

「もう、君が目覚めないようになって10年経つよ…。君が目を覚ました時に桜が見れるように、病室を桜の木が見えるようにしてもらったんだよ。いい加減起きてよ」
「……ここは…?」
「…ッ。起きたの? ちょっとお医者さん呼んでくる!待っててね!」
ーーーーー
「今日はあの病室から見える桜の下でお話ししましょう?」
「僕はあの病室で10年も過ごしたんだね。」
「毎年、私は目覚めない貴方の隣で1人花見をしていたのよ。だからね、もう1人で花見をしたくないからさ、毎年一緒に花見できるように、一生、私から逃れられないようにあなたが10年間寝ている間に私ね、自分の脚の健切っちゃった。
私の世話、ちゃんとしてね?」
「分かってるよ。結婚して、僕がお世話するよ。」
「ごめんね、脚の健切っちゃったのはなんかメンヘラみたいだね。」
「いいよ。そんなの関係ない。君の全ての面倒が見れて、一緒に花見できるなら足が動かないなんて少しの負担でもないさ」 pawoo.net/media/PLJqegh2Nvm13p

Pinned toot

「お母さん、今日はお父さんとココに行ってきて。予約してあるから」
ーーーーー
「お父さん、はいこれ、予約券。駅前にある宝石店行ってこれ渡せばわかるから、お母さんからご飯行こって誘われたら駅で待ち合わせしてね。」
ーーーーー
「あなた、今日はレストラン行きましょう?娘からのプレゼントなんだから精一杯お洒落して、昔みたいにデートしましょう?」
「そうだね、…18時ごろ駅で待ち合わせしようか?」
「わかったわ、また後でね♪」
ーーーーー
「星空が見えるわ。ワインも美味しいわね」
「お、流れ星じゃないか。…そうだ、僕からもプレゼントがあるんだ」
「あら?何かしら」
「今日は結婚30周年だろう?大切なこれを渡したい」
「…あら素敵なネックレスね。つけてくれる?」
「勿論。真珠婚にふさわしいネックレスだろ?仕事で忙しい僕のために娘がリストアップして調べてくれたんだ。」
「いい子に育ったわね。私たちのためにこんな素敵なプレゼントをくれるなんてね。やっぱり私を選んで成功でしょう?」
pawoo.net/media/ifdWrxQbJKXIvh

Pinned toot

人里離れたこの場所には一人の男性が幽閉されていた。
「ここにはもう誰も来ない…全て私が悪いのでしょうから…」
ーーーーー
「お嬢様!また手首をお切りなって!血だらけじゃありませんか…手当をさせていただきますから少々お待ちくださいませ」
私はお嬢様の手当てをするために救急箱を取りに行き、直ぐにお嬢様の元に戻り手当てをさせていただきました。
……そしてそれが、私がこんな場所で幽閉されている理由でもありました。
ーーーーー
「私がお嬢様に毒を盛るだなんて酷すぎます!きっと誰かの陰謀です!」
「誰かの陰謀ですか…それは誰ですか…?」
「そ、それは…その…」
「ゴホンッ ーーを毒殺した罪で罪人を塔へ幽閉しろ」
ーーーーー
「私が生きて罪を償ったところでお嬢様はもう帰って来ない…」
左手首に傷をつけてお嬢様のことを考えて1日を過ごしています。
気がつけばお嬢様と同じだけ傷をつけて居ました…
pawoo.net/media/f_3Xco4-FV_m24

Pinned toot

今日は待ちに待った合コンだ
友人主催で可愛い子が集まる予定。
ーーーーー
今は二次会の最中。
…参加するのやめたほうがよかったなぁ…まさか大学時代に一目惚れした子が来てるとは失敗した…
「はぁ…」
「あれ?ーー君だよね?ほら、ーー大で一緒だったじゃん!…そうだ!いっしょに歌おうよ!」
「う、うん」
ーーーーー
「あの時ね。ーーが溜息ついたの見て悲しかったんだー。だって、私が一目惚れした人にまさかの再会してチャンスと思って話しかけようとしたら目の前で溜息つかれるんだもん…」
「ごめんね、歌下手だしカラオケで二次会するの嫌だったんだ。いくら君が参加しても、歌って失敗こいたら空気壊すじゃん…?」
「いっしょに歌ったけど上手だったよ。…流石に大学時代にお互いがお互いに一目惚れしてるとは思わなかったわ。でも、こうして結婚していっしょに居られるのは成功でしょう?」
pawoo.net/media/Et2ixqERTQPV3P

Pinned toot

「あの日外食なんてしなければ…」
大学時代に一目惚れした人に合コンで再開し、結果的に私たちは結婚をした。その数年後突然彼は若者の飲酒運転で人生を奪われてしまった…。
ーーーーー
「翌日仕事の日は首筋にキスマークつけるのやめてって言ってるよね?」
「ごめんごめん、なんか君が言い寄られてるって噂を聞いてね…」
「私が貴方から離れると思ってるの?…まぁ良いわ。今日は外食しましょう?美味しいお店を予約してあるの」
ーーーーー
「お母さんなんで泣いてるの?お目目真っ赤だよー?」
「貴方のお父さんがね、生きていた頃を思い出してたのよ」
「僕のお父さん?どんな人だったの?」
「とても優しくて格好いい人だったわ。雨が降ってれば風邪を引かないようにと駅まで迎えにきてくれたのよ?…貴方も大好きな人ができたらお父さんみたいにしてあげなさいね」
pawoo.net/media/qcoEQ9nWn4llBb

ツイッター感覚でpawooするからどーでもいいことしか言ってない

マジでpen4マシンにi5積むとか頭おかしいことしたことあるわ

ここ数年だったらマザボ型番調べたりしてcpu交換するだけでスペックが倍率ドン!するから

四年前に買ったデスクトップPCをもう新しくしたい…

マザボが狂ったならグラボを刺せばいいじゃない、グラボが狂ったならサウンドボードを刺せばいいじゃない、サウンドボードが狂ったならマザボを交換するんだ

車屋はヤカラが多い(前の仕事場の社長を思い出しながら

ワイ将グリーで女の子と出会ってご飯食べたことあるマン

喫煙マンタバコを吸わないとイライラで仕事ができなくなる

mixiは現在頭緩い女の出会いの場と化してると聞いた

一つの垢が1日にツイートできるのが1024ツイートだった気がする

規制解除の通知する連携してたから基本的に1日1000ツイート以上してたんだな…

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!