Follow

小説8050 林真理子 読了
面白かった。ずっと読みたかったけどようやく図書館にあった!80歳と50歳の親子が出てくるもんだとばかり思ってたけど、将来8050になるのを恐れる、50歳と20歳の引きこもり息子の親子の話だった。なんかすっごい他人事じゃない…ハラハラしたし途中涙ぐんだりした。いや〜ほんと子供が引きこもりになったらどうしていいのか分からないわ…対応が分からない。どう決着するのかなと思っていたけど、最後は一応希望があるラストでほっとした。
林真理子さん、昔なにかの著作を読んで響かず(今著作確認したけど多分読んだのは街角に投げキッス)だったけど、見直したわ(上から股間)
多少展開が急だったりしたけど、まぁ、まぁ。許容範囲内です。

· · Web · 0 · 0 · 1
Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!