拙者、恋愛感情のない二人がセッセセしてるの大好き侍と申す。

なんかそういうインスタンスとかあるのかな。しらね

NSFWと……タグをつけたはずなんだがな……できてなかったな……

Show thread

【腐向け】ミスフーミス
最近ちょっとツイッタの方の規約が怪しいので……こっちで試しに……。腐向け投稿してる人全く見かけねえから緊張するね!

アニメの🔫と🍓の会話メモ2・訂正 

🔫「そーいやぁ車どうするんだ?」
💄「代車だよ」
🍓「誰かさんがこの間ぶっ壊してくれたおかげですよ」
🔫「あれは仕方なかったんだって言ったろォ?!」

Show thread

アニメの🔫と🍓の会話メモ10 

🔫「ねえ、ブチャラティ、オレが涙目のルカの調査やりますよ」
🤐「いや、お前の説明を聞くより、調査の方が早く終わりそうだ、やはりオレひとりでやれる仕事だな」

🤐「フーゴ、花屋のオヤジにどう説明すればいいか、ミスタからよく聞いといてくれ」
🍓「ブチャラティ、あんたのためなら何でもするが、こいつの話、ぼくに理解できるかなァ?」
🔫(🍓が喋ってる間、ぶつぶう言う)

🔫「んん〜〜っ……」
🍓「もうお前は考えるな。アバッキオ のムーディー・ブルースに頼む」

アニメの🔫と🍓の会話メモ9 

🔫「チクショウ……彫刻ヤローは言ってたぜ……確かに、その通りだった……。自分の姿が石に彫られてねーってぇなら、それはまだ、死ぬ時期ではない……ってな……」
🍓「さっきからお前なにやってんだミスタ……」
🔫「ああ……?」
🍓「座席にテープレコーダー忘れていったろ……ボケ……」
🔫「よお……オメーか……フーゴ……」

🔫「ヤツを1、2ヶ月入院する程度は痛めつけてやりましたけど……」
🍓「ほんと、言ってることが分からねえヤツだな」
🍓「敵なのか、味方なのか。自殺か、他殺か。順序よく説明してくれ!」
🔫「そこなんだよなぁ〜〜。オレの頭では、ええと……話の組み立てが難しくって……。簡単に言うと、石を破壊できたから全てはもう終わったってことなんスけどねぇ? んん……」

アニメの🔫と🍓の会話メモ8 

39話

🔫「もしもし? おい、フーゴか。ブチャラティに伝えてくれ、彫刻家はスタンド使いだった!」
🍓「なんだって!」
🔫「この野郎、ブチャラティをどうのこうのと言ってるんだが、なんだか、オレひとりじゃあワケが分からねーよ!」
🍓「何言ってんだミスタ! まだ落ち合っていないのか!」
🔫「え?」
🍓「ブチャラティなら、とっくにそのマンションに向かったぜ。きみが車を降りて、すぐ後を追ってな!」
🔫「ッ! なんだとォ〜〜ッ!」
🍓「もしもし? ミスタどうした!」

🔫「で、電話番号だフーゴ! 探さなくては! ブチャラティがいま持ってる電話は何番か教えろッ!」
🍓「大丈夫か!? お前がかけているこの電話がブチャラティのだろ!」
🔫「ッ!」
🍓「おいミスタ? もしもし?!」
(3発撃つ)
🔫「急げピストルズ! ブチャラティを探すんだァーッ!」
🍓「ミスタ? もしもーし?!」

アニメの🔫と🍓の会話メモ7 

38話

🔫「おい、今のは! ちょっと止めてくれフーゴ! 車を止めろォ!!」
🍓「どうして?」
🔫「いいから早く車を止め……」
🍓「一体なぜ車を止めるんだ」
🔫「い、いや……いい、もう……見間違いだった、オレの……なんでもねーぜ……」
🍓「大丈夫か? きみさぁ、ワインどのくらい飲んだ?」
🔫「〜〜ッおい、オレは酔ってなんかいねーぜ! 悪かったよ! 余計なこと言っちゃってよォ! いやホント! お騒がせしましたぜ!」
🔫「あそこがヤツのマンションだよな? もうここでいいぜ!」
🍓「しょうがないなぁ……。ミスタの仕事、二人で行った方がよかァないですか? ぼくがついていきましょうか」
🤐「いや、オレがミスタと一緒にいこう」

アニメの🔫と🍓の会話メモ6 

‪38話‬
🔫「オレ昨日の夜考えたんだ。人間の肉ってよォ、もし食ったら美味いのか、それともマズイのか」
🍊「ウグッ、ブヘッブヘェッ!」
🍓「やめろよミスタ、そんな話」
🍊「なんでそういう話イキナリふるかなぁ〜〜! あっち行けよッ! ひとりで食えッ!」

🍓「ミスタ、ブチャラティが途中まで乗せてやると言っている」
🔫「ああ……」

🍓「おい、どこいくんだ。早く車に乗れ。おいていくぜ」
🔫「っ……」
🍓「ミスタ! 乗っていくのか? 小便か?!」
🔫「違うよォ、乗るって! 今いくよ!」

🔫「だから形ですよ、石の大きさは? 彫刻家なんスよね? ボーイフレンドは」
🍓「妙な形の石、と言っていたぜ」
🔫「妙な形ってぇと、つまりその具体的にどんな形よ」

アニメの🔫と🍓の会話メモ5 

18話
🐞「テルミニ駅に置いてきた毒蛇がいま、敵の部品に戻りました
🍓「本体は始末した。これで5人情報が確かなら、ヒットマンチームの残りは、あと2人!
🔫「だが油断ならねぇ。ヴェネツィアまで一気に走るぞッ!

21話
🍓「ば、バカな! アバッキオッ!
🔫「ボスを倒したのならよォ、実力からいって次の幹部はオレかな。ブチャラティのヤツは頭が良い。勝つ見込みのない戦いはしない男だ。絶対に莫大な金が手に入るんだ
🍓「ミスタ! きみまで!
🔫「フーゴ、おまえはどうするんだ?
🍓「おまえら……ど、どうかしているぞ! 完全に孤立するんだぞッ! どこに逃げる気なんだ! いや、このヴェネツィアから生きては出れない!

Show thread

アニメの🔫と🍓の会話メモ4 

14話
🍓(ボスの娘、トリッシュ。会ったことのない父親のため、自分の身を狙われて、一体どんな気持ちなのだろう……
🔫「そーかそーかフーゴォ。ケケケ。オレもさっきから彼女のアレが気になってしょうがねぇんだよォ〜
🍓「え? あ、あれは……
🔫「ううわああぁぁぁあ! フーゴを許してやって下さいッ! 別に悪気があったわけじゃありませんッ! ブレーキにかこつけてあなたのおっぱいを覗こうとか、スカートの中のふとももさんに指を這わせようなんてことは、つい出来心でしたハイィッ!
🍓「おいやめろ! ほんとにズッコケたのに、お前が言うとヤバくなるじゃあないかッ!
🔫「どうかボスにだけは内密に〜〜ッ!

17話
🍓「ミスタ、お前天井見張ってたよな! 何があったんだ!
🔫「えっ、オレッ?! え、い、いやぁ〜見当もつかねーなァ〜〜、ちょうど見てなかったもんで〜〜。アレー? もしかしてトラック、止まっちゃってるのかなァ〜〜?

Show thread

アニメの🔫と🍓の会話メモ3 

9話
🔫「イッタ……
🍓「あ〜〜、こりゃ病院行かなきゃダメですね
🔫「ンなこたァ分かってるッ! それまでの応急手当てを頼んでんだッ!
🍓「分かりましたよ
🔫「お、おい、フーゴ、てめぇ……おおぉぉいいィィィ! なんだこりゃあ〜〜ッ!
🍊「ホッチキスだー! アハハハ! でも漫画本とじるみてーにちゃんととまってらァ〜〜!
🍓「ナランチャ、あとは腹をガムテープでぐるぐる巻きにしてくれ
🍊「はいよーっ
🔫「なんかバイキン入らねーかコレ〜?
🍊「ダイジョブ、ダイジョブ〜
🔫「でも、ま、結構気に入ったぜ

Show thread

アニメの🔫と🍓の会話メモ2 

🔫「そーいやぁ車どうするんだ?」
💄「代車だよ」
🍓「誰かさんがこの間(聞き取れない)」
🔫「あれは仕方なかったんだって言ったろォ?!」

🔫「なあ、ブチャラティ。頼むからあの4番の船だけは借りないでくれよ絶対沈む……。
🍓「またあ、だったら今あそこに浮かんでませんよ。
🔫「うるせえーッ! じゃあお前だけアレ乗れッ!

🔫「おいナランチャ! ふざけて隠れてんなら、よッ!(飛び降り)さっさと返事しろーッ!
🍓「! ミスタ。何やってんですか、ミスタ。……ミスタ? どこですかッ! ミスタッ!
🤐「まさか……
🍓「ちょっとミスタ! アンタまでふざけたことやって……
🤐「……フーゴ?

Show thread

アニメの🔫と🍓の会話メモ1 

5話
🔫「おい何の真似だこりゃあ〜!
🍓「何ってイチゴケーキですよ
🔫「イチゴケーキだっつうのは見りゃ分かる! チョコケーキでもなきゃあチーズケーキでもないからな。そうじゃあねえ! ケーキが4つなんだ! このオレに死ねっつーのかッ!
🍓「はぁ、またですかミスタ
🔫「マヌケッ! 4つのものからひとつ選ぶのは縁起が悪いんだッ! 5つのものから選ぶのはいい! 3つのものから選ぶのもいい! だが4つのものから選ぶと良くないことが起こるんだ! ガキの頃、近所で子猫が4匹産まれて、ペットにと1匹もらったヤツがその猫に目ん玉引っかかれて片方失くしたのを知っている。もちろん後でその猫は殴り殺されたがね。
🍓「だからそんなの迷信ですよ。冷静に考えて、1個ずつケーキが減っていったら、誰かがいずれ4つの中から選ぶハメになるんですから
🔫「そこなんだッ! こういう場合はレストランが気をきかして3個にすべきなんだ。サービスがなってねぇぜ!
🍓「もうォ〜、じゃあ食べなきゃいいでしょ〜
🔫「ッ! イチゴケーキが食いてえんだよオレはーッ!

ジョルミスにハマったことをお知らせします。

くら寿司の足の生えたサメが夢見る流れなので欲しい

ラタトスクのエンディングをメモ 

◆リヒターの目的
・封魔の石(体内のマナを炎に変える)
・クルシスの輝石(体内時計を止めて永遠の命を得る)
→魔族にとってマナは毒であり、扉を一時的に閉じることができる。かつ永遠の命があるため、自身のマナを永遠に燃やすことで扉を永続的に封じる。
→でもリヒターはクルシスの輝石を手に入れられなかった。

◆ラタトスクのやること
・リヒターが人柱になり扉を守る。
・その間ラタトスクは千年かけて世界の理を変える(全ての命あるものからマナを切り離す)。
→世界を構成するものからマナを取り上げ、それをギンヌンガ・ガップの封印とする。故に、世界からマナを取り上げても滅びないように、理を引く。
→千年が過ぎて、マナで世界を支える必要がなくなれば、余ったマナで新たな封印を構成できる(リヒターはこの時、役割を終える)。
→世界樹がマナを産み続ける限りマナは世界に溢れ、世界を巡って扉の封印に注がれ続ける。ラタトスクはその流れを操り見守る。

◆でも
→マナを切り離す作業は、センチュリオンと魔物たちで行う。
→ラタトスクはコアと実体に分かれた。コアはリヒターの額に寄生した。

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!