やっぱりさ人間だからさ羨ましくもなるし悔しいとも思うし、イラつくこともあるじゃん。きっとこれだよな、だせいさんが感じてたのは。

このあとドアが開いたにも関わらずイチャイチャしましたみたいな終わりにしたいのだけど心折れたのでまさかの未完ウケる

しまったミスった( ͡ ͜ ͡ )まあいいか←

私と旦那を担当してくれてる美容師さん(既婚子持ち多分34.5歳)、昨日切ってる時に「〇〇さんのことすきだから」と言われて内心えっ!♡ってなったけど「…あぁパパね」と一瞬で我に返る主婦の切なさといったら。トキメキってほんと大事だわ~~~(遠い目)旦那と飲みたいくらい好きなんだって。なんかあざす!

ファンじゃないとかなんとなく知ってるって人ならまだ分かる。でも声優垢を持ってる磁石クラスタっぽい人なんだもん、なんかモヤモヤすりゅ~~~

Show thread

杉田、中村って呼び捨てにする人ってほんとにいるんだな都市伝説だと思ってた「杉田こんな声も出るんだ」じゃねえわ、大御所の音響監督かよ

中村さんと出来ることならデキたいよね

現実はムラムラしてる暇はありません

顔もそうだけど胸も見たがるよね

何度か言ってると思うけどまだ目も覚めきってないのに「…ん、ちょ…なに」「…寝てていいよ」ってやり取りしながらパンツだけ脱がされて濡れてないところに挿れられて「…むり…っ」「…無理なら寝てて」「や…っ痛…」「ほらもう…痛くない」って言われた通り動かれる度にどんどん潤って痛いどころか気持ち良くなってって、声まで出て、もっとってねだる始末で「あれ、眠いんじゃなかったの?」って言われながら身体を反転させられ、言い訳する暇もなく今度は後からガツガツ突かれて、「朝からこんなことしてこのあとどんな顔して仕事すんの?」「そっち、だって…っ」っていうプレイを大方やり切ってから同じ職場に向かうのすごくいいよって

ボーイズラブがつらい、なんであんな切ないのかしら……設定はぶっ飛んでるのになんで……ドSなおばけが寝かせてくれないってぶっ飛んでるよね……なのに…くそっ、白井悠介くんの演技力……っ!

16歳⑦ 

たぶん、俺が6歳の時

16歳のあいつのことが好きで好きで
「おねえちゃん!おねえちゃん!」
って後を追っていた気がする

憧れだったのか、
例えば、美人の幼稚園の先生に抱く感情に似ていたと思う

あいつも、笑顔で応えてくれていたから
甘えきっていた

_
__

その気持ちに
変化が起きたのは中学に上がった頃

憧れが、

いつしか、恋心になった…

「悠一くんも頑張ってね」

あいつはそう言って、ここを離れた

その時、初めて、喪失感を覚えた

「行かないで」
って何度も思った。
今思うと女々しくて笑えるけど、
あの時に、確信した。

「この人を恋人にしたい」って。

でも、10歳も離れたこんなガキを、相手するとは思えなかったし、
都会でいい男でも捕まえてくるだろうと、半ば諦めてはいた。

なのに、

「彼女できた?」

あほ面で聞いてくるからマジでイラついた

そういう自分だって、彼氏も旦那もいないくせに、余裕ぶって、弟感覚で聞いてきやがって…

16歳でも男だってことを、
分からせてやろうって
泣かれてもいいって思ったのに

「かっこ悪すぎ」

大失敗。
最悪の告白だ。

早くねぇよ!早くやっちまえよ!!と思わずポロッと吐いちゃう変態たちへのアンチテーゼ「まだヤらせない」

16歳⑥ 

「じょ、冗談…でしょ?」
「…」
「ねえ…」
「…」
「笑えないよ…!」

思わず大声を出してしまった

この家には、私と悠一くんだけ

「…」
「悠一、くん…」

誰にも、聞こえない

「…好きだよ、姉ちゃん」
「!」

悠一くんは私を押し倒したまま、

私をずっと見下ろして、
弱々しく、だけどはっきりとそう言った

「ずっと、あんただけだ」
「…っ」
「告白もされた、誘われたこともある」
「…」
「けど、俺はあんたがいい」

悠一くんはそう言うと、また唇と唇の距離を縮め…

「待って!」
「…」

その唇を私を両手で抑え込んだ

「…わ、私の気持ちは無視…?」
「…」
「そ、そういう所は子どもだよね」
「……あ?」

悠一くんは身体を起こして、
私を更に睨みつけた

「…」
「…ほら、何も言えないじゃない」
「…うるせえ」

悠一くんは、俯いた
その耳だけは真っ赤だった

「少し時間、ちょうだい」
「…」
「まだこっちにいるから…」
「…分かった」
「また、話そう?」
「…」

少し不満そうだったけど、
悠一くんはこくんと頷いてくれた

16歳。

まだ、“早い”気がした_

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!