5a0e707818169562

なごみ🦆 @nagomi_p@pawoo.net

なごみ氏の誤字録に新たに、「1行目から誤字る」が追加されました。
おめでとうございます。

読んでて、「反則やろ……」て思うようないいシーンでめっちゃ書いててテンションがあがってる

心配されなくても、わいは基本的には、本当にやばい体調崩すとか、やむを得ず作業ができなくなる以外では、原稿落とさないからな

自分の新刊で、これでもかというくらいにラストシーンにメインを持っていきすぎた反動か、ラストシーンじゃなくてエピローグにメインを持ってくるという振れよう

やったー
メインシーンだー

承の部分を回想で終わらせることで、2割の分量で承が終わるぞ!!(くそ)

合同の原稿、2ページくらいでええやろって思ってたら、始まって間もないのに2ページ目はいって、むりやってなったまん
これは時間との戦いになりそう

締切まで11時間しかないので、さすがに書き始めます()

あんまりやり過ぎると文章が汚くなる感覚があってやれないし、どちらかと言えば邪道なのだけど、地の文のですます調を敢えて崩すというのを何気に1冊に数回使っておりましてね

締切24時間前になってからが本番
(別件してたら触れなかった)

締切まで24時間くらいしかないけど、プロットを書き始めます()

このラストシーン、シーン全体に暗喩かけながら進めて、なおかつ、小梅の特徴的な言葉のギミックも入れてて、このシーンのために表紙も少しだけ手を加えてもらったし、めちゃめちゃ気合い入れてるんやで

Avicii亡くなって、Twitterもお亡くなりになった

テンプレート配布してくださるの神だとおもう

合同誌って、体裁にまであんまり口を出せないから、場合によっては「た。」で行が終わるかもだし、泣き別れになるかもだし、シーン変わる空行が段やページで分かれるかもだしで、どーしようもないところも多いし、出す場合も読む場合もあんまり気にしないよねっていう

本編のラストがメインやで今回の

基本的にプロローグとエピローグが好きなのは、はっちゃけて主人公の内面を書きやすいからであって、キャラが増えればその分そのキャラたちの描写をしないとだから、辛い

プロローグとエピローグ、短いのにキャラが6人も出てて、なんとかプロローグは書いたけど、エピローグ短くして負担を減らしたい
そもそもそんなに長いプロット組んでないから、帳尻合わせて3ページも書かないといけないのは辛い

スルーするのは大人として大切