tsunami-security-scanner の例の issue は、実際に「tsunami はちょっといやだなぁ」という印象を自然に持っている人が issue 外でちらほら観測できたので、そういう気持ちがあるんだなというのを可視化できたという意味でいい仕事したという評価はしたい。あとは product owner がどう判断するか(そして改名のコストがどのくらいと見積もられるか。まだ出たばっかで公開repoに19commitsしかないし低いんじゃなかろうか)。

わたしの理解では、ライセンスが OSD に従っていればソフトウェアはオープンソースと言えるが、「OSS という開発体制」(の定義)はない。

「界隈感」という語彙にそこはかとなく感じる「やっかい」感

技術顧問界隈っていう界隈ができる程度には技術顧問という仕事をしている人達って居るのかなぁ。まあ10人いれば界隈感がでるには充分かも。