しばらく更新が途絶えがちだった「ソーサリー!」の考察ファンサイトがふと見てみたら2020年に入ってから怒涛の更新されてて嬉しい。追加された記事多いのでちょくちょく読もう。

topics.smt.docomo.ne.jp/articl
いいニュースだった。ところで東風と書いてはるかぜと読むんだな。

tsunami-security-scanner の例の issue は、実際に「tsunami はちょっといやだなぁ」という印象を自然に持っている人が issue 外でちらほら観測できたので、そういう気持ちがあるんだなというのを可視化できたという意味でいい仕事したという評価はしたい。あとは product owner がどう判断するか(そして改名のコストがどのくらいと見積もられるか。まだ出たばっかで公開repoに19commitsしかないし低いんじゃなかろうか)。

わたしの理解では、ライセンスが OSD に従っていればソフトウェアはオープンソースと言えるが、「OSS という開発体制」(の定義)はない。