P2公開当時に冬コミの東京駅行きのバスの最後部で5人で座ってた現役自衛官の皆さん、とても楽しそうにけちょんけちょんにしてたんだよなあ。今思うと、職業自衛官として、あんなアホな思想にほいほい乗って国民と政府に弓引く集団だと思われたらいやだったんだろうなあ…。ああいう思想にほいほい乗るタイプはすぐ辞めるっていうのは最近聞いた(日常業務が99%で仮想敵対勢力と戦争したりしないから)(だから田母神さんとか、国防になるとイデオロギーを捨てて話すという)

で、思うに、去年の『ゼロの執行人』で、主に桜田門辺りで、同じことが起こったんだろうなあって…w

@runco_a 実際に、あんなの本当の公安じゃねぇ!って記事ありましたからね
ソレ言い出すと、世の中の刑事ものスパイモノ、ほぼほぼ、ありえねぇになっちゃいますし
親戚の元警官も、まぁ、そこそこのとこを勤め上げた人ですけど、ありえねぇってよく言ってるらしいです

@mori_ayame やっぱりそうですか。ですよねえ。
去年、P2好きおじさんたちが執行されて絡めたブログをあちこちで書いてましたが、どちらも「基本あり得ない」をすっとばしてリアルな物語だって言ってる人を見る度に、頭の中であの日の自衛官5人がふと頭をよぎったりします

森 絢女📝 @mori_ayame

@runco_a そりゃ、まぁ、17歳が小1になる漫画に何求めてんだって話になりますが、ソレをリアルと言っちゃぁあんまりでしょうね
P2を肯定するために、ゼロシコの、腐ったお姉さんと夢の世界に生きてるお姉さんたちを利用するんじゃねぇとも思いますし
あれは、徹頭徹尾、安室への萌えに浸りたい女の人のための映画であって、ソレ以外の要素で見ちゃだめなんですよ(ま、私は灰原さんへの萌えと、こんな灰原さんはおかしいの鬩ぎ合いの中で見てましたが

親戚の元警官が、ありえねぇと言ってるのは、P2、ゼロシコではなく、刑事ドラマとか、推理小説ですけどね

· Web · 0 · 0