創作も含めて、色々とツールややり方の管理方法を変更しました。これで捗ると思います。

仕様確認のために、手持ちの昔作成した試作CGを元に即興で作品を作っています。

pixiv小説をいじっています。大昔に見た時と違って、仕様が変わったみたいですね。これは知らなかった。こういうのは時々チェックしないといけませんね。

文章作成については仕組みを変更しましたが、次はCG製作ですねぇ…。これは少し難しいかもしれません。

作品制作用のシステムとして、スマートフォンと無線キーボード、ノートパソコン(windowsかChoromebook)のペアで文章作成をやってみる事にします。CGの作成はまだまだWindowsに頼らないといけませんが。

創作はゲーム用に使っていたスマホを創作にも使うと言う事で進捗中。

Bluetoothキーボードも手持ちのがいくつかあるので、色々と試してみた。折り畳めるものよりも、固定しているキーボードの方が当然であるが、打ち込みやすい。持ち運べるバッグの大きさ等で、どれを使うか決めよう。

小説書き用のアプリも色々とあるね。細かなところで使い勝手や機能が違うので、それぞれ色があって良いと思いっます。

小説作成アプリと無線キーボードで作品創作をやってみた。ポメラを持ち運ぶよりも機器が少なくていいかもしれない。ついでにpawooもスマホで読み書きできるようにした。これで作品についての投稿もスマホで管理できそうだ。時代が変わったのだなぁと実感した。

同人のテキスト打ち込み用に使っていたキングジムのポメラが壊れてしまった。時代的に新しいポメラを買うのはどうかなと思ったので、Bluetoothキーボードにスマホのエディタアプリで乗り切ってみる事にした。使い勝手が悪ければ、修理するか、新しいポメラを買おう。

作品展開について変更があるので、形態によってプロットの練り直しをした。

今まで書いたものをもう一度読み直して点検しています。

pixivはなんだかんだで大手ですし、他の投稿サイトはメリットデメリットを考えると、pixivを超えるものが無いので、pixivで完結したいです。

pixiv小説でSSを投稿しようと思うのですが、挿絵が入らないのが残念です。挿絵をpixivのイラストで公開して、それをエセ同期する仕組みをちょっと考えたいですね。

2020年度も終わりですね。新年度対応を進めています。はやく創作再開したいです。

「文相ツール」→「文章ツール」です。誤字です。

Show more
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!