Follow

この子は、おそらく「さとり世代」って言われる世代の子だと思うんだけど。
なんつーか、大した人生経験積んでねえのに、人生知り尽くしちゃいました、みたいな喋り方するつーさ。

「遊びもまたしかり、自分に合った陰キャ遊びで十分」

私、こんなカッコつけた台詞目の前で言われたら腹抱えて笑っちゃうわ。
つーか、みんな笑うわよ。でも、本人は「オレ、今、最高にイケてる」と思ってるわけでしょう。

このへんの感覚のズレが陰キャだと思うの。
性格が暗いとか、友達が少ないとかじゃなくてさ。
カッコつけてるポイントとか、人生で守ろうとしている信念とかがさ、なんかズレてんのよ。

でも、本人はズレに気づかない。なぜかと言えば、やっぱり人生経験が足りないからよ。

きちんと恋愛経験積んでたらさ、バーボンのグラス片手に「「遊びもまたしかり、自分に合った陰キャ遊びで十分」」みたいなこと言うのは恥ずかしいって気づくでしょう。気づかなきゃ、大人の恋愛できないもん。

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!