@mickeyhat jstage.jst.go.jp/article/jjep1
の場合る学習 の有効性 認知 と学習意欲 の関連を統計調査して相関ありという研究をしたわけですが、おっしゃっている論だと、このような研究は存在しないことになるのでは?

ミッキー・ハット(メグデス) @mickeyhat

@yumetodo
「この研究は不十分だ」つーのは事実よね。
でも「不十分だ」っていうのと「気に入らないからケチをつけてやろう」ってのは、全く別でさ。

「不十分だから、もっと補強する研究をしよう」つーのもあるじゃん。逆に「これは、そもそも真実かどうかあやしい」というのであれば、反証するための議論を組み立てなければいけないでしょう。
で、「反証」つーのは、相手の言葉の揚げ足をとることじゃなくて、相手より優れた論を提示することなのよ。
あなたが反証しようとしたときに、相手以下のデータしか揃えられないなら、あなたに反論の資格がないわけよ。最低でも、相手と同レベルのデータをそろえた上で反発しないといけない。そういう視点で、あなたが「勝負しよう」と思ってるのか、単にケチつけてるだけなのか。ここが凄く重要なポイントでさ。

私も、その論文の「科学的精度」が十分だとは全く思わないけど、でも、私の感覚だと「意欲と学習効果の相関関係を肯定する論文」を組み立てるのと、否定する論文を組み立てるのでは、「後者のほうが圧倒的に難しい」と感じるわ。つーか、不可能だと思う。私なら反論はしないな。勝ち目ない

· Web · 1 · 1

@mickeyhat ええっと反証がしたいわけじゃなくって、そもそも学ぶ意欲と学力の相関を調べる研究がすでにあるはずだけど、どれかなというのがもともとの話です

もともと大学の授業で
学ぶ意欲を高める授業とは何故大事なのか
という問いがあったのが始まりで、そういや教育基本法だかにもあるな、と思い、最初のTooTに至りますね。

>「序列をつける研究」があるかどうか

考えもしなかったですが、とてもおもしろいです・・・。

>「言葉の定義」に疑問を持っていて

これは内発的動機づけと外発的動機づけのあたりの話になりそうですね。