問題として、学生の親達が与えられるものとして認識してるところだよなぁ。

学生に勉強させたいのはわかるけど、学生の可処分時間は限られてるのに単位の実質化とかいう採りにいく時間を減らしちゃうやり方導入したりしてるし、よくわからんのよ。

講義出なくても出来る内容の授業に出席せねば単位がおりないというあたり、優秀な層の足枷にしかならん。優秀な学生にはこの時間で別のことやっててほしい。

例えば理系学生なら在学中にしか使えないような設備とかたくさんあるわけで、そういうのを触れる時間が減ってしまうのよね。

ぶっちゃけ、期末試験じゃなくて、期始試験みたいなのやって十分な能力があると認められる学生はその時点で単位認定しちゃったらどう?と思うわけ。だめだった学生が講義を受ける。

Follow

優秀な学生が設備使っていろいろ試したり、論文読んだり、議論したりする時間にあててほしいが、学生の可処分時間は減らす方向に世の中進んでる。

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!