コロナ禍、基本的に人類が損をするイベントなので、「誰がどの程度損をするのか」の擦り付け合いが生じ、とても興味深くなってきた。人類の醜さの露呈が最近更に白熱してきてシーン全体がアツい

Follow

感染拡大を防止する方向に持っていくと観光産業とその従事者が犠牲となり、若者を中心にフラストレーションが溜まる。逆にそちらを優遇すると感染拡大は免れず、医療従事者が忙殺され医療崩壊が生じる。高齢者を中心に死亡者数が増え、医療機関のキャパシティが圧迫されるから老若男女問わず病気の人が助からない可能性が上がる。個人的な話をすると、知り合いの中には旅行が好きな人、自粛で割りを食っている学生、同年代の労働従事者、高齢の親族、持病のある人、そしてコロナ禍中で亡くなった友人がいる。誰かが楽になれば誰かに皺寄せが行く。そして、僕一人が何かしたところで国や世界はそう大きく動かない

· Web · 1 · 0 · 0

という訳で、最低限自分の身の安全を確保した上で、我が国の行く末を見守るほかないのである。政治家の発言やそれに対する大衆の反応をツイッターでぼんやり眺めながら「やっとるなあ」という気持ちになって今日を生きている

これは推測だけど、この国にはもう全員を幸せにできるだけの豊かさは残っていないので、半分諦めモードの気持ちを抱きながら、それでもやっていくしかないなあ、という心境。みんながんばってね。僕は僕で僕なりに、少なくとも人に迷惑は掛けないようにして生きていくので

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!