僕が薄々思っていたことに、
「船舶には区画が細かく設定されていて、ある区画で浸水が起こっても、食い止められるようになっているのに、グローバル化といって区画を取っ払ってしまってよいのだろうか?」
ということがあります。
今回、mastodonとpawooの間で起きたことが、その懸念を具現化したものでした。
グローバル時代にはグローバル時代なりの課題があり、それを超えたポストグローバル時代というべき何かがあるんだろう、と思いますが、pawooが表現分野において、その門を叩いたのだと思います。大げさな言い回しですが、それくらいの価値があるんだろうと。

@maria_sayaka |;-ヮ-)「文化の壁」を理由にドンパチするんじゃ無く、ダメージコントロールできる緩衝帯があれば、ですよね。宗教(信条)対立で背を向けたらISと同じですから。

有馬美樹/美樹まりあ@C97 2日目西O19b @maria_sayaka

@Tommy4roses そうですね、「文化の壁」というより「緩衝地帯」が必要かもしれない、という流れになってくれれば、緩衝地帯を置くことで異なる文化圏が同一プラットフォーム上に存在できる、という未来があるんじゃないかな。と思います。

· Web · 2 · 1