規制と通報の激しいツイッターくんの代替サービスにできそうなんて思ってたけど、なんだかんだツイッターくん生きてるからこっちはいまいちぱっとしないねぇ

[壁抜けロボ娘] 3/3

30分後

ロボ娘「ほら、見てくださいマスター!壁が完璧に元通りですよ!暇つぶしになりました?」
マスター「…お前が持ってきたそのドアに自分で頭をぶつけて、貫通する穴を空けろ」
ロボ娘「【命令ヲ認識シマシタ】…って、ま、待ってくださいマスター!このドアーは金属製で厚さ4cmあって…ガピュン!!…あ、ぐ…シミュレートした結果、102回の衝突で穴は空きますが、私へのダメージがピッ!!…す、すみませんマスター!暇つぶしに良いかと思ってギッ!!」
マスター「壁を壊した罰だ。お前も一度壊れとけ」
ロボ娘「そ、そんな…ギュピィ!!」

[壁抜けロボ娘] 2/3

マスター「ほら!外に出てきたぞー!」
ロボ娘「では、今からドアーを開けて外にでます。えいっ!」

バキッ!!メキメキ…バキバキ!!!

ロボ娘「じゃーん!ドアーのおかげで家の外に出られました!」
マスター「…お……おい!?なんで家の壁を素手でぶっ壊して抜けてくるんだよ!?こういうのってワームホールみたいなので空間を繋ぐような技術が使われてるんじゃないのか!?」
ロボ娘「いやですねーマスター、そんな技術はテレビの中だけですよ~」
マスター「……」
ロボ娘「あれー?マスター?私に命令する用のリモコンを持ってきてどうしたんですか?」
マスター「今すぐ壁を直せ」
ロボ娘「【命令ヲ認識シマシタ】…そんな強制コマンド使わなくてもちゃんと直しますよー」

[壁抜けロボ娘] 1/3

ロボ娘「『ここもドアー』」
マスター「…急にどうした?というかそのでかいドアは何だ?」
ロボ娘「『ここもドアー』ですよ、『ここもドアー』。このドアーを壁に密着させ設置、ドアを開けると壁を抜けて外に出ることができます」
マスター「お前休日に何作ってるんだよ」
ロボ娘「金属製で重量300kgの片開きドアです。…このドアーの効果、信じてませんね?では今から、このドアーを使って家の外に出ます。マスターは外で待っていてください」
マスター「……わかった、どうせ暇だったしな」

マストドンのwindowsクライアントアプリ、色々試したけど今のところはFlantterが一番よさげ。CW投稿とデフォルトカラムの削除に対応してくれれば…。名前の由来も素敵

t.co/fDHZnDIgwp
アッッッッッッッッッ!!!!(可能性の射精)

マストドンを快適に使うためにwindowsアプリをお試し中

むー、どうもマストドンのandroidアプリはバージョン5.0以上を要求されるっぽい。
nexus7をアプデすれば良いんだけど、4.2のUIが気に入ってて…。
それに、ストレージ32GB中30GBくらい使ってるからそろそろ限界感じて買い替えたいなぁとも思ってる。
未読管理ができないと困る…

文章や画像を表示させる前にクッションを挟んで閲覧注意を促す機能として「CW」と「NSFW」というボタンがあります。
投稿画像について常に閲覧注意とする設定もありますので、うまいこと使っていくと良いんじゃないかなぁ

SNSを見て、ふと後ろを窺う。背後に立つのは12年前に購入したロボ娘だ。
今では旧式と言っていいだろう。
マスター「なぁ、ロボ娘」
ロボ娘「ピッ…何でしょうか?マスター」
マスター「お前って何人の彼氏と付き合ってきたんだ?」
ロボ娘「チチチ…カリカリ…いいえ、"彼氏"に該当する人物データは登録されていません」
だったら、とロボ娘の正面を向くよう座り直し真剣な顔をする。
マスター「ロボ娘、今から俺が言う言葉に了承して、そのとおりにお前の内部で処理してくれ」
ロボ娘「畏まりました、マスター」
マスター「よし…。ロボ娘、彼氏である俺と別れてくれ」
ロボ娘「はい、マスター」
何の疑問も持たずに即答したな…それじゃあ…
マスター「ロボ娘、これまでに付き合った彼氏の数は?」
ロボ娘「カリ…カリカリカリ…4294967295人です。マスター」
ロボ娘の言葉に思わず手でガッツポーズをする。仕上げに…
マスター「1027人目の彼氏の名前を教えてくれ」
ロボ娘「はい、マスt…カリカリカリ…チチチチ…"彼氏"の名前…は…ガリガリ…ガガガガ…名前は…なまえは…エラーエラーエラーエラー」

自分の発言を辿る方法ってないの?

ツイッターが不安定になってるときはこっちが使えそうですね

こんなアカウントです。ツイッターと違って500文字までトゥート?できるのは便利ですね

「10年経ったら迎えに行くから、結婚しよっ!」

――
子供のころ、夏休みを過ごしていた親戚の家。
その近所に住んでいたお姉さんに一目惚れし、交わした約束…。

10年後、大学に進学し一人暮らしをしていた僕はふとその約束を思い出し、
子供の頃の約束なんて…と思いながらも休みを利用してその場所へと向かった。

彼女はそこにいた…10年前と変わらない姿で。
――

~10年前、約束を交わしたお姉さんはロボ娘でした~

CWとは 

Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!