Follow

異能力は黒血化。阿笠家に代々受け継がれる血族継承型異能力。阿笠家の血筋の者なら誰でも持つ異能力だが、扱いは難しく練習が必要の為幼少期から練習を重ねる。
自身の血を黒く染め操作する操作型異能力。また能力者の血が混ざった他者の血、他の液体も操作が可能となる。

血液を使う為体全体に負担が大きく、一度に使い過ぎると体を壊すリスクが伴う。特に血液を作る骨髄や血液を巡らせたりする機能をもつ心臓への負担が特に酷く、骨髄の消耗による一時的な骨折のしやすさ、心臓の負担による心臓痛などがあるが社の場合痛覚がない為異能力使用時の負担の認識、発覚が遅れる。

不在の阿笠家当主である兄の代わり、阿笠家の当主代理として仕事も務めている。

阿笠家に伝わる黒宮家の体術を抑え込める守りに特化した特殊な体術を習得している。中国拳法や空手、柔道やCQC等あらゆる体術も体得している武術家でもある一面を持っているが、普段の性格や立ち振る舞いから想像されにくい。

肉体はしなやかな動きが出来る、柔軟で強靭な筋肉を持っている比較的筋肉質な身体。つまり脱げば凄い身体。痛覚がない代わりに他の感覚が鋭敏で特に暑さ、寒さに過敏。

Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!