新刊の話 

かきたいもの
ルフィは弟 何にも縛られない存在
エースは根底では名を馳せて自分の居場所を確立したいと思っている

エースの存在意義、そしてエースの心の在りどころは、はじめから、ルフィだった

サボが死に、二人で生きることになった6年間
甘やかし上手なサボがいないぶん、ルフィは手のかかる弟だったので、エースが飴と鞭を使いわけなくてはいけなくて、エースはエースなみにルフィに優しく接しようとする

夜、絵本を読んであげる
海賊の歌を歌う
獣をとってきたルフィを褒めてあげる
いいこいいこをしてあげる
頬にキスをする

これは違うかも

これ、おれすきだ、とルフィが笑うので続行

17になっても続いたまま

アニオリアラバスタにて、
砂漠の地で弟と再開し、同行する夜
弟からのいきなりの口へのちゅーにびっくりする

女好きのサンジに教えてもらったとはなすルフィに、こういうのは兄弟ですることではないと話すエース
ルフィはわかった、どうなずいて、右頬にキスをしようとするもそれもエースに止められる

わからねぇ、とルフィは口を尖らせて、なんで大人になったらダメなんだよ、なんてガキみたいなことを言う
エースは言葉に詰まった
大人はこんなことはしない
兄弟でこんなことはしない
男同士でこんなことはしない
エースはいいからやめろ!とルフィの顔を向こうに押し付けて、さっさと毛布に包まる
ルフィもそれにならうが、どうしてもエースが気になる

なぁエース
…なんだよ
おれ、ちゃんとわかってんだぞ

なにを?
エースはルフィに背を向けたまま心臓をつかまれたようだった

ちゃんと、このちゅーの意味、わかる
サンジが教えてくれたから、と言う
それはさっきいっただろーが

それにいまコックの名前は関係ねぇだろ
エースは思う
この旅に加わって、弟は自分をついて回るだけの子供ではなくなった
頼れる、気のいい仲間たちに巡り合い、ルフィはさらにたくましくなった
喜ばしいことだ
安心した
心配していたから

けど、

Show thread
Follow

エースをはじめて必要としてくれた弟が、自分の元を離れていく
安心したと同時に、心の奥底では、おれはもう必要じゃねぇのかも、と感じてしまう
自分を息子と呼んでくれた白ひげも、その仲間たちも、今では自分を必要としてくれている
けれど、燻っていた自分を光に導いてくれたのも、はじめて自分を必要としてくれたのも弟で
弟に救われたのは事実だった

· Tootle for Mastodon · 0 · 0 · 0
Sign in to participate in the conversation
Pawoo

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!