こみのき @kominoki@pawoo.net

大佐にいけない薬を盛ってひとしきり乱れさせた後に「とここでネタばらし、さっきの錠剤はプラセボでした」とバラすカーチスくん(その後3日ぐらい私用で口きいてもらえなくなる)

言及されてないだけで大佐を性的にお慕いしている部下たくさんいるでしょ(血走った目)

そういやMW2の一部元ネタの方のザ・ロックは小説版があるそうなんですけど、ハメル准将の副官のバクスター少佐、二人きりになると敬語をやめて「何があっても俺がついてる」みたいな言葉をハメルにかけるシーンがあるらしくてめちゃくちゃ滾る……

アルケイド先生はその辺経験が豊か(暗喩)なのでお若いディリィチャンの心の機微を察しているし、お若いブーンさんには「あんまり死にたがってると彼女どこかに行っちゃうよ、この幸せ者め」などと同情半分微笑ましさ半分で見守っている。

ディリィチャンはブーンさんという男の不器用さを愛しているけれど、彼の妻への愛情はそれ以上に尊ぶべき物と思っているんですよ。なので自分が奥さんの代わりになろうとは思わないし、そこは彼の戦友として求めてはいけないと思っている。

ブーンさんは男を惹きつける男だという持論はこれからもしていく

ブーンさんというどうしようもない男に心底惚れているけれど、彼が奥さんに捧げた愛を尊重して、ひとりの戦友に向ける親愛の情以上の見返りを求めようとはしない、そんな運び屋が好きです

最終的に運び屋は「ブーン×カーラ固定です!他カプ地雷です!!」というお気持ちになりますよね #?

CoD2でのプライス大尉の眩しいおみ足が忘れられない

すれ違いざまに大佐の尻を撫でていくカーチス許さねえ もげろ

👁️👁️👁️👁️👁️👁️👁️👁️👁️👁️👁️

ほんとマニーちゃんはブーンさんに死んでほしくないのにブーンさんは死に場所を求めて魂が彷徨ってるの最高……

マニーちゃんもブーンさんの事で熱くなるのを除けば面倒見のいいいい奴だし、運び屋と気質は似てそうなんだよね。ただやっぱりマニーちゃんはブーンさんに死んでほしくない(もしくは死ぬ気なら俺だって着いていくのに)って感じなのかな

マニーちゃんはブーンさんの事を本当に大事に思っているからこそ、運び屋がブーンさんを死地に連れ出す限り「嫌いにはなれないけど好きにもなれない」って感じになるんじゃなかろうか。運び屋の性別に関わらず

多分カーラさんが壊滅的に相性悪いだけでもうちょっと違ったタイプの奥さんだったらあそこまで毛嫌いしてないんじゃないかと思うんですよねマニーちゃん

うちもマイ運び屋の覚書書いておこう

【名前】
コーデリア"ディリィ"チェン
【年齢】
22〜24
【プロフィール】
中国系ウェイストランド人。ニューリノからそう遠くない中国系コミュニティ生まれ。
スカベンジャーの父親が持ち帰る旧世界の書物に囲まれて育つ。
父親の仕事を手伝っていたが父親が病を苦に自死してからはツテを頼り運び屋に転身。
ニューリノというソドムに馴染みが深い分気ままな人生を気取っているが、子供の頃に読んだ旧世界の善性への憧れからついつい人を助けてしまいがち。

目を伏せる仕草はそれはもう美しいと思うんですよンフンフ トランプの柄だと結構童顔だけど

壁際に追い詰めた時にシュー大佐の見せる伏し目が性癖に響きすぎるとカーチスの中で話題に

脳内男運び屋(まだ名無し)は元NCR兵の30代。軍務中に妻に逃げられ(家財道具もまるっと持ち去られ)、除隊後に知り合いのツテを頼ってモハビ・エクスプレスに再就職。元恋人がどこかで酒場を開いている……みたいなバックストーリーがある