Pinned toot

ダニレオ小話 

Pinned toot

気付いていらっしゃらない方もいるかもなので、一応ご案内を。

長文をローカルや固定に連投するのは気が引けるので、連投する(続く)場合は一話だけ「タグ付ローカル+固定」にして続きはそのトゥートの返信でぶら下げております。
フォローされていない方はお手数ですが、時々固定やタグから確認していただけると助かります( ´∀`)

Pinned toot

ダニレオ短編(仮) 1 

Pinned toot

バレンタイン ギルレオ 

え。ちょっとまって。
今、呪術廻戦ってそんなに人気上がってるの?
人気が出るのはうれしいんだけど、鬼滅の例があるからな・・・・・・。
ほどほどで…本当、ほどほどでお願いします。
呪術廻戦で腐ネタ考えられなくなるなんて耐えられませんよ、私。

そういや記憶喪失ネタ書いてなかったなと思ったけど、いつかゲーム作るときに取っておこうと思ったのを思い出す。
そんな来るかどうかもわからないときより、今書く題材として候補に上げるべきなんだろうなぁと、昨夜布団の中で考えてました。
モチベが上がらないのは、書きたい話が見つからないからだと思うけど、それはそれで難しい問題だったり。。。

ドツボな五悠に巡り合えたので、五悠は読み専で大丈夫かな。
書くのはダニレオでまだしばらくがんばります。

薄々気づいてたけど、私、ハピエンより悲恋のが好きなのかもしれない。
でも書くならちゃんと幸せになってほしいというジレンマ。

自己犠牲とか、めちゃくちゃ萌えるんですよ!!!
はぁ。レオ君が自分を犠牲にして警部補助ける話とか書こうかな……。

基本、二次創作での死ネタって否定派なんだけど、とある五悠が全てにおいてツボで(連載で最初はタグついてなかった)何度も読み返しては涙腺を緩めてる。
原作のキャラを勝手に死なせてはいけないという信念があったはずなのに、萌えの前には紙屑同然だった(笑)

うーん。やっぱり大阪はイベント中止かなぁ。
初参加だって修羅場ってる友人には悪いけど、むしろ全国的に制限されるんじゃないかって予想してる。
早く落ち着いて、皆好きなことにまっすぐ向き合えたらいいのにねぇ。。。

別ジャンルの友人が初めて(薄い)本を出すっていうのに触発されたんだけど、まぁそう簡単にスランプ抜け出せるわけないよね。

よくある話ではあるけれど、ぽつぽつと書いてると「これ、本当に面白いのか?」って思えてくるの何とかならないものか。
書いてたものをかなぐり捨てたくなる。

いつだったかTVで「一人でも応援してくれる人がいるなら、その人の為だけに頑張ればいい」と言ってたのに感動したんだけど、中々そう上手く切り替えなんて出来ないよなぁ。。。

ここでおさらい。
これまでの推し。
・太上老君(封神)
・レイヴン(TOV)
・ダニエル警部補(血界戦線)
etc...

……察して。

五悠。 

うわー。そうかぁ。
東京で500人確定ってのも関係してるのかわからないけど、県内でクラスター発生した周辺で接待伴う飲食店で緊急一斉検査って……。
これは、あれか。桁が上がるのか……。
予算ないからなんだろうけど、そろそろまた緊急事態宣言って出したほうがいいんじゃないかと思えてくるな。
また経済にダメージでかいけど……。

RISE冬 

あー、いかん。
やることもやらなきゃなことも山積みなのに、pixivで五悠を読み漁ってしまってる自分がいる。
私にはダニエルさんという心に決めた人がいるのにぃぃぃ。
それもこれもアニメの五条先生の破壊力が半端ないのがいけない。
俺最強(事実)とか宣言して色々厳しいこと言うくせに、内側に入れた人間には情をかけるって、ドストライクですよ。
警部補も同じタイプなんだよね。自信家なんだけど、どこか心の奥底で悩みを貯めこんでる(脳内設定)って。
沼を増やすつもりなかったんだけど、ちょっとこれは…やばい。

twitter.com/nightow/status/132

は?え?ちょ、まっ……!
何ですか、このポスター!?
めっちゃ萌える!!!
はぁ。間にレオくん入れてくれないかなぁ。

機種変してから非常にスマホで文字が打ちにくい。きっとサイズが様変わりしたせい。。。
まだまだリハビリ程度ではあるけれど、このままでは執筆が出来ないので数年ぶりにPC打ちに戻るか真剣に検討中。

ゆーきゃんの声が色っぽくて、五条先生がえろいんですけど。
最高か!

呪術廻戦、いいなぁ。
声優豪華で、イメージと違和感ない。
パンダ先輩さいこーw

は!?
東京BABILONアニメ化!?
見なきゃ!!!

たまたま支部からおすすめされた、ドラ○もんパロに笑った。

Show more
Pawoo

Pawoo(パウー)はラッセルが運営するMastodonのインスタンス(サーバー)です。 「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる場」として、どなたにも幅広く使っていただけます。